「昭和」改元の日

12月25日は「昭和」改元の日です

1926年の12月25日は、大正天皇が崩御されて皇太子での裕仁(ひろひと)親王が新天皇に即位され、新しい元号「昭和」が制定されました。

昭和の由来は?

64年間という長期の元号「昭和」は、「国民の平和および世界各国の共存繁栄を願う」という意味が込められています。 漢学者の吉田増蔵氏の考案とされ、実は江戸時代にも、同じ出典から「明和」の元号が用いられているそうです。

昭和天皇

昭和天皇は、明治34年4月29日に大正天皇の第1皇男子として、東京青山の東宮御所でお生まれになりました。御名を裕仁(ひろひと),ご称号を「みちのみや」と称されています。明治45年7月30日、明治天皇の崩御によって皇太子となりました。大正10年3月~6か月の間は、ヨーロッパ諸国を訪問されました。帰国後のその年11月25日からは大正天皇のご病気のため摂政に就任されています。大正13年1月26日、久邇宮邦彦(くにのみや くによし)王の第1女子良子(ながこ)女王と結婚されています。

激動の昭和

昭和の日本は、太平洋戦争が始まり、そして敗戦から焼け野原になりました。そしてその後、高度経済成長期になり、世界第二位の経済大国へと進みます。1980年代後半から1991に年にかけ、熱狂的な好景気時代が訪れます。そして、バブルが崩壊して景気が落ちこんでしまいました。平成になるまでの間は、まさに「激動」と呼ばれる時代を経験しました。

昭和の後半に生まれ

昭和は、64年で終わり平成へと改元しましたが、自分自身が生きてきただけでも、移り変わりに激しい年だと思いました。ちなみに私は、昭和45年に生まれましたが、カラーテレビがすでに一般家庭に普及していた時代です。それからテレビを例に挙げますが、これがどんどん進化していき、ハンドル式のチャンネルからリモコン付きなり、ハイビジョンになると音や画質も向上して画面も液晶が主流になってきました。携帯電話はおろか、パソコンなんて最初は影も形もなかったんですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です