アーモンドの日

1月23日はアーモンドの日です

アーモンドの日

アーモンドの日は、アメリカ農務省の監督下のアーモンド生産者・加工業者代表の組織として1950年に設立されたカリフォルニア・アーモンド協会が2008年に制定しています。この日付は、アーモンド約23粒が日本人の成人女性の1日の摂取目安量とあることで「1日23粒」にちなみ、1月23日が記念日とされたそうです。

アーモンドがダイエット効果

アーモンド

アーモンドは、一件「高カロリーで太る」「ニキビができる」などというイメージあると思います。もたろん、食べ過ぎは肥満の原因になりるのは当然です。実はこのアーモンド、栄養がたっぷりで、毎日適量を食べれば、ダイエット効果があるそうです。

ダイエット効果のわけ

ダイエット効果

アーモンドの特徴は、ポリポリっと歯ごたえのある食感です。しっかりと噛まないと食べられないということで満腹中枢が刺激され、少量でも満足感を感じられます。そこがポイントで、まさにダイエット中のおやつとしても重宝されます。

アーモンドに含まれる栄養

アーモンドのビタミンE

アーモンドに含まれるビタミンEの含有量は、ナッツ類のなかでもトップクラスです。「抗酸化ビタミン」のひとつ、ビタミンEの主な作用は、老化を原因をつくる「活性酸素」のはたらきを抑えます。またアーモンドには、塩分を排出する作用があるミネラルも豊富に含まれます。さらには、骨の材料になる「カルシウム」や、貧血対策に役立つ「鉄分」といったミネラルも多く含まれます。

アーモンドはおつまみでも人気者

ナッツ

アーモンドといえば、スナックやバーなどでお酒のおつまみに出てます。元々ナッツは、栄養が豊富でビールや焼酎にも相性がよく、家飲みでも大人気です。中でもアーモンドは、ピーナッツに比べて若干高額ですが、食べ始めると止まらなくなります。毎日、晩酌のおつまみとして食べるのは良いと思いますが、やはり食べ過ぎるのは良くないので一定量を守って食べるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です