エステティックサロンの日

3月6日はエステティックサロンの日です

エステティックサロンの日

3月6日は、2016年にエステティック事業に関わる団体のエステティックサロン事業者懇談会(ESA)が記念日として制定しました。この日付は「サ→3 ロ→6 ン」という語呂合わせからです。この記念日の目的は、エステティックサロンを身近に感じて、それを通じてエステティシャンの素晴らしさを知ってもらうことです。さらには、日本にエステティック文化を根付かせること目指しています。

エステティック

エステティックは、人の心にある「美しくなりたい」「若々しくなりたい」などの欲求や願望を実現、そして人々に幸せと満足感を持ってもらうためにエステティックにおいては、外的な施術以外も、心理的な作用も重視しているそうです。

総務省が定めた基準

エステティックの範囲は、国によって違ってきます。その境界は、各国の法律で定められています。そのなか日本では、2002年に総務省が定めた「日本標準産業分類」、エステティックは「手技又は化粧品・機器等を用い、人の皮膚を美化して体型を整える等の指導又は施術を行う事業所」と定められているそうです。

日本エステティック振興協議会

日本エステティック振興協議会(一般社団法人)は、「エステティックとは、それぞれ異なる肌や身体、心などの特徴や状態を考慮しながら、手技や化粧品、栄養補助食品および、機器や用具等を用いて、人の心に満足と心地よさと安らぎを与え、共に肌や身体を健康的で美しい状態に保持または保護する行為」と定義しているそうです。

最近は男性もエステに

元々は女性が、美への意識が高かったようですが、最近では男性もスキンケアなど美容や健康に関心が高まっています。しかも、サプリメントや器具が続々と登場し、さらには研究が進み各々体質や性別にあった製品ができています。現在でいうエステティックとは、健康的であることが前提で、身も心も美しくなるということだと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です