コラーゲンを可溶化した重要な日

1月26日はコラーゲンの日です

コラーゲンたっぷりもつ鍋

1960年のこの日に日本皮革株式会社(今の株式会社ニッピ)研究員・西原富雄がコラーゲンの可溶化に成功して、特許を出願しています。そして、この事を記念にコラーゲンの国内シェアNo.1である株式会社ニッピコラーゲン化粧品が記念日として制定しました。

コラーゲンの可溶化

肌に必要なコラーゲン

今では、身の回りのものにコラーゲンが普通に使用されているのは、1960年のこの日に大発見があったおかげです。その大発見は、「コラーゲンの可溶化」したことで、分かりやすく言えばコラーゲンを水に溶かす技術のことです。当時、一般的にコラーゲンは「水に溶けない」といわれていました。それを、日本皮革研究所(現在の株式会社ニッピバイオマトリックス研究所)研究員だった西原富雄博士が、「トリプシン」と「ペプシン」という酵素を用いることによって完全に溶かせる事実を発見し、特許を出願しました。

コラーゲンとは?

たんぱく質の1/3がコラーゲン

コラーゲンとは、皮、骨、腱などを構成するたんぱく質の一種です。そして、体内のたんぱく質の1/3は、コラーゲンです。また、コラーゲンは様々な組織の中に存在しますが、特に骨や皮膚、血管に多く含まれています。

コラーゲンの効果

コラーゲンは栄養素として必要性がありません。しかし、身体や臓器の枠組みをつくるタンパク質であるので重要な存在です。体内のコラーゲンが減少すると、シワやたるみが増えるなるだけでなく、身体のあらゆる組織がもろくなります。

コラーゲンは体内で生みだす!?

豚足

コラーゲンは身体の中で生み出すことが可能です。そのためには様々な栄養素が関わって、常にバランスの良い食事を心がけることが必要となります。その中でも、特にビタミンCがコラーゲンをつくり出すために重要な成分となります。

サプリメントで効果を実感

コラーゲンのサプリメント

ドイツの病院では、関節痛などを抱える患者に、コラーゲンが使用されています。また他にも、コラーゲンを食べることで関節の怪我や痛みが軽減したという実例があるそうです。そういうことで私も最近、グルコサミンやコラーゲンを摂取できるサプリメントを飲み始めていますが、関節痛などが改善された実感があります。食事だけでコラーゲンを得るのは難しいですが、こうしてサプリメントを摂取して改善するのも大切な方法の一つではないでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です