タイタニック号の日

4月14日はタイタニック号の日です

タイタニック号の日

1912年4月14日、初航海中のイギリス大型客船「タイタニック号」が、北大西洋ニューファントランド沖の氷山に激突。その翌日未明にかけて沈没したとのことです。タイタニック号は、イギリス・サザンプトン港からニューヨークに向け出発して4月10日から4日後に沈没しました。また、沈没までの時間はわずか2時間40分だったそうです。

タイタニック号

タイタニック号沈没直前の映像

1909年3月31日、アメリカのホワイトスターライン社が、世界最大級の大きさと豪華さ持った客船を目指して製作されたそうです。そして、この製作には3年の月日が経て、ようやく完成します。タイタニック号は全長269m×高さ約50mで、当時としては、世界一大きな豪華客船として話題になったそうです。1912年4月1日には初運転を開始しますが、1912年4月14日に氷山衝突事故に遭遇し、これが今も伝えられるタイタニック号最後の航海となっています。

沈没後のタイタニック

海底で眠るタイタニック号

1517人が犠牲となったタイタニック号は、ニューヨークへ向かう初の航海中、ニューファンドランド島沖合の約650km地点で氷山に衝突し、沈没してしまいました。そしてその後、船の残骸は70年以上そのまま放置されていたが、1985年9月1日に冷戦中の極秘ミッションだった任務により、アメリカ海軍が発見します。それ以来、多くの潜水艦が海底に沈んだタイタニック号を調査に訪れています。

船の残骸を撮影

潜水艇メーカー、トライトン・サブマリーンズ社による5回の調査で、船の残骸を撮影しています。タイタニック号に人間が訪れたのは、その時が14年ぶりのこと。トライトン・サブマリーンズ社長の共同創設者「パトリック・レイ」氏は、「あらゆるものと同様に、タイタニック号は最終的には完全に消滅する。船が完全になくなるまでに時間がかかるが、船体の腐敗は予想された通りで、自然な経過だ」と、語っています。色々と伝説や疑惑があろうとも、形あるものは朽ち果てて無くなり、感動したドラマはいつまでも人々の心の中に残り、伝えられてゆくものでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です