ダーウィンが生まれた日

2月12日はダーウィンの日です

ダーウィンの日

1859年に『種の起源』を著したイギリスの自然科学者であるチャールズ・ダーウィン(1809~1882年)。その1809年2月12日がダーウィンの誕生日であり、そしてこの日付が「ダーウィンの日」ということです。

チャールズ・ダーウィン

チャールズ・ダーウィンは、著名な自然哲学者エラズマス・ダーウィンの孫として生まれました。そしてチャールズは、医学と神学を学ぶかたわら、博物学にも興味を持つようなマルチな学生だったようたです。その後、1831年にケンブリッジ大学を卒業し、海軍の測量船・ビーグル号に乗り込んで、ガラパゴス諸島に向かっています。

「種の起源」と進化論

種の起源とは

ダーウィンは、ガラパゴス諸島でフィンチ(小鳥の一種)やゾウガメには、近縁でありながら大きく形態の異なる種類がいることを発見しています。そのことから、生物は同じ種類であっても様々な突然変異が起こり、突然変異で生存に有利となるものみ、親から子、子から孫へと遺伝することを発見しています。

「自然選択」が進化の要因

突然変異が起こり、その変化のうち遺伝するのか選ばれる現象、「自然選択」こそが生物の進化の要因であるとダーウィンは確信したそうです。このように、地球上の生物が種を残すために自身が変化していく様は、現在も蔓延している新型コロナウイルスの変異が、まさに進化論そのものですね。

新型コロナウイルスの変異に勝てるか!

ウイルスワクチン除菌など感染を防ぐ対策によって完全に死滅しないように、自身の毒性を弱めて感染力を上げる。こうすることで、症状が解りづらくなり、さらなる感染拡大の要因になります。それもこの変異を1年も経たないうちに行われています。果たして、人類はこの自然変異に勝てるのか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です