バスケットボールの日

12月21日はバスケットボールの日です

バスケットボールの日

1891年の12月21日、アメリカ・マサチューセッツ州スプリングフィールドの国際YMCAトレーニングスクール(現在のスプリングフィールド大学)にて、バスケットボールの初の試合が行われました。そこで、バスケットボール解説者の島本和彦が提唱し、「12月21日はバスケットボールの日!委員会」が2011年から実施されています。

バスケットボールの歴史

バスケットボールの歴史

バスケットボールは、1891年秋にアメリカ・マサチューセッツ州スプリングフィールド、現在のスプリングフィールド大学教師であるジェームス・ネイスミスによって創案されました。

背景とルール

バスケットボールが生まれた背景は、戸外スポーツが困難になる秋末期から冬場にかけ、「L.H.ギューリック」から人々を室内体育館に引き付ける十分な魅力を持つ新しいスポーツを創案するように命じられ、ネイスミスは以下のようなルールを考案に着手しています。

1.軽く両手で持てる大きさのボールを使用。
2.ボールを持って走ることは禁止。
3.ゲーム中、いつでも誰でもプレイ出来る。
4.コート内ならどこでプレイがOK。
5.プレイ中の身体接触は一切禁止。

サッカーなどの室内ゲーム化は断念

実際にサッカー・ラクロス・アメリカンフットボールを室内ゲーム化することをチャレンジして、全て断念するほど効果はなかったそうです。

「岩の上の鴨」という遊びから

アメリカンフットボールのタックルを除去することをきっかけに、さらに少年時代によく遊んだ「岩の上の鴨」という遊びをヒントにし、ゴールを頭上の高い所に置くことにより、それにショットしあうという今までのゲームにはない新しい形式のゲームを考案しました。そして、1891年12月21日に史上初、そのゲームが行われます。

スピーディーな展開が魅力

バスケットボールは、サッカーやラグビーと違い、ストロークが短いために展開が早いです。しかし、競技場が室内で比較的近くで観れるため、その動きの早さがワンショットで行われて、逆にそれに魅力を感じます。NBAで有名な日本人である八村塁選手をきっかけに、バスケットボールがもっと日本で人気スポーツになるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です