バレンタインデー&チョコレートの日

2月14日はバレンタインデーであり、チョコレートの日でもある

バレンタインチョコ

2月14日のバレンタインデーは、チョコレート・ココアの普及や消費促進のための広報活動などを行う日本チョコレート・ココア協会が制定しています。この日付は、日本が最初に愛の表現として女性から男性にチョコレートを贈る日となっている「バレンタインデー」と同じ日であり、それにちなんだ記念日となります。目的は文字通り、バレンタインデーの安定的なアイテムとして欠かせないチョコレートをPRすることです。

バレンタインデーのルーツ

バレンタインデーのルーツ

日本では、バレンタインデーは女性から男性へ愛の贈り物として、チョコレートを贈る習慣があります。バレンタインデーの始まりは、1950年代に入ってからだそうです。

バレンタインデーは神戸が発祥!?

最初1958年2月は、メリーチョコレート会社が新宿・伊勢丹の売り場に「バレンタインセール」と手書きの看板を出し、3日間で実際に売れたのは30円の板チョコ5枚、4円のカード5枚だけでした。その翌年もハート型チョコを作り、「女性から男性へ」というキャッチフレーズを作ったそうです。その後、1992年に聖バレンタイン殉教の地イタリアのテルニ市から神戸市に愛の像が送られます。詳細を調べてみると神戸が日本のバレンタインデー発祥の地なのだということです。元々は神戸のチョコレート会社「モロゾフ」が1936年2月12日に、神戸で発行されていた外国人向けの英字新聞にバレンタインデー向けチョコレートの広告を出してたそうです。

チョコレート健康効果

チョコレートに含まれているカカオポリフェノールは、小腸で吸収されて血管の内部に入ります。人体の血管内部が炎症が生じている場合、その炎症によって血管が狭くなり、赤血球が通りが悪くなります。そこに、血管内部に入ったカカオが作用して、炎症が軽減され血管が広くなる効果が期待され、赤血球が通りやすくなると考えるそうです。

苦くない高カカオチョコレート

食べた方は分かると思いますが、90%くらいの高カカオは苦く、チョコがトラウマになりそうなぐらい薬のように感じます。しかし、最近は苦くない高カカオチョコレートよく見かけるようになりました。例えば、「高カカオチョコレート カカオ70%以上 明治 森永 ロッテ ブルボン」などがそれにあたります。それがなぜ、甘い高カカオができるのか気になります。

砂糖のみを加えている

その秘密は、あるメーカーによると、最高品質のカカオを扱い、産地での「発酵」作業に気を配り、フルーツとしての持ち味と捉えて、焙煎の段階でカカオごとに素材の風味を活かし、焼き加減を微調整して、「クリーム」を加えずに砂糖だけを使っているからだといいます。いずれにせよ、健康に良いといって食べ過ぎは注意しましょう!もっとも私は、女性にもてないので食べ過ぎることはないですが…(^^;

“バレンタインデー&チョコレートの日” への3件の返信

  1. We use cookies and tracking technologies to improve your browsing experience on our website. By browsing our website, you consent to our use of cookies and other tracking technologies. Irita Pauly Michaeline

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です