ヨーロッパ戦勝記念日

5月8日はヨーロッパ戦勝記念日(VEデー)です

ヨーロッパ戦勝記念日

1945年5月8日、第二次世界大戦を起こしたドイツが、連合国軍に対し、降伏文書に調印して無条件降伏をした日です。また、この日は連合国がヨーロッパの勝利を記念して制定した日でもあり、VEデー(Victory in Europe Day)とも呼ばれています。

第二次世界大戦

第二次世界大戦は、1939年9月1日にドイツ軍のポーランド侵攻から、1945年8月15日の日本の敗北までとされています。世界大戦の中、ドイツ・イタリア・日本を中心とした同盟国に対し、イギリス・フランス・中国に加え、後からから参戦したソ連・アメリカ合衆国などが加わった連合国(総勢52カ国)と、2つに分かれた世界を巻き込んだ大戦争でした。主にヨーロッパとアジア、太平洋地域の戦いであり、約500万人の死者を出すことにとなりました。

ヨーロッパ戦での戦況

1944年6月、連合国軍が「ノルマンディー上陸作戦」を敢行し、その作戦によりドイツ軍は追い詰められます。一方で太平洋戦争では、同じ年の7月にはサイパンが陥落。このことでアメリカ軍が、日本本土爆撃が本格化したといいます。次に連合軍は、44年8月にパリを解放します。1945年2月、連合国軍首脳はヤルタ会談で戦後処理で合意しました。西から迫ったアメリカとイギリス軍、東から迫ったソ連軍が、4月25日にはエルベ川で合流し、米兵とソ連兵が握手し「エルベの誓い」の不戦の誓いをしたそうです。

ついにドイツが降伏

ベルリンでは、ソ連軍に先着されて包囲し、首相官邸の地下壕にこもって抵抗を続けたようですが、遂に4月30日にヒトラーが自殺し、ベルリンは陥落します。その後、5月8日に正式にドイツが無条件降伏し、この時ようやくヨーロッパの戦争は終わりました。

最終的には日本の敗北で終戦

ここからは、我々日本人のほとんどが知っている現代人が悔やまれてる終戦の日、完全敗北までのドラマが繰り広げられます。もっと早く敗北宣言をしていれば、神風特攻隊や長崎広島の原爆投下などの罪無き人達の犠牲、ソ連による北方領土の侵攻も最小限に済ませることができたかもしれません。とにかく、同じ事を繰り返さないように我々、一般市民が声を挙げ行くことが今一番大切なことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です