世界まぐろデー

5月2日は世界まぐろデーです

世界まぐろデー

現在、世界で80ヵ国以上がまぐろ漁を行っていて、多くのまぐろ漁船が世界中のあちらこちらの海洋で活動しています。そしてまぐろ漁は、今後もインド洋と太平洋で引き続き拡大すると考えられています。この中で多くの国々が、食の安全保障と栄養、経済開発と雇用、政府の歳入、暮らし、文化や余暇について、まぐろを資源とし、依存しています。ちなみに5月2日の今日は、世界まぐろデーであり、2016年12月に制定されています。

まぐろの乱獲を防ぐための日

乱獲を防ぐ活動

まぐろは個体数が少なく、その上需要が高いということもあり、世界中で乱獲されています。このことから、現在では国際的な資源保護が叫ばれています。したがってこの国際デーの目的は、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を達成するため、持続可能に管理された資源の重要性を認識するための日とされています。

まぐろ

まぐろ

まぐろは、サバ科マグロ属に分類され、「硬骨魚類」の総称です。そして、暖海性外洋性回遊性の大型肉食魚になります。日本を始めとする現在では世界各地で、重要な食用魚として漁獲されています。このまぐろが広く分布している地域は、熱帯・温帯海域ですが、種類によっては、分布域や生息水深が異なります。泳ぐ時は、口と鰓蓋を開けて遊泳して、ここを通り抜ける海水で呼吸しています。したかって、泳ぎを止めると窒息するので、睡眠時も泳ぎを止めません。

まぐろの種類

まぐろの種類

まぐろは、「クロマグロ」、「タイセイヨウクロマグロ」、「ミナミマグロ」、「メバチ」、「ビンナガ」、「キハダ」、「コシナガ」、「タイセイヨウマグロ」と8種類が存在しています。英語では「ツナ」と呼ばれている「まぐろ」は、実際には上位分類群のマグロ族全般を指します。まぐろ以外に「カツオ」「マルソウダ、ヒラソウダ」「スマ」なども含まれるそうです。

まぐろという呼び名は?

まぐろの名前の由来

「まぐろ」と呼ばれるのは、一説によると、目が大きく黒い魚という特徴から、「目が黒い」→「目黒」→「まぐろ」となったといいます。また、もう一説では、保存することが困難なまぐろは、常温で時間が経つと直ぐに真っ黒になることから「まっくろ」→「まくろ」→「まぐろ」といった説も。

まぐろが食べられなくなる日が来るかも!?

それにしても、現在はまぐろだけでなく、他の魚も乱獲に悩まされています。そのお陰で、日本は愚か世界中の漁業関係者たちは漁獲量の制限をされ、頭を悩ませています。その内に漁獲量の制限がドンドン酷くなり、すし屋さんでまぐろが食べれなくなる日が来るかもです。それにともない、日本ではまぐろの養殖がすでに始まっています。日本のまぐろ養殖技術で新しい時代を築いてほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です