世界マラリアデー

4月25日は世界マラリアデーです

世界マラリアデー

2000年4月25日、ナイジェリアでマラリア撲滅国際会議が開かれ、この日を「アフリカ・マラリア・デー」として制定しました。また、2007年では、国連の専門機関の世界保健機関(WHO)が改めて「世界マラリア・デー」として制定し、その翌の2008年から実施しています。

マラリア

マラリアとは

マラリアは、亜熱帯や熱帯地域を中心に感染者多く、世界的にも恐れられる感染症です。また、感染者がいない土地から感染地を訪れる人は、流行地とは違った対応が必要となります。マラリア原虫の種によっては、病型や治療法も違います。例えば、熱帯熱マラリアでは素早い適切な対応が必要で、すぐさま重症化して死に至ることがあるそうです。

熱帯熱マラリアは死亡率が高い!?

アフリカやアジアの熱帯地域で流行

マラリアは、100カ国余りで流行し、世界保健機構(WHO)の推計によれば、年間2億人以上の感染者、またその中から200万人の死亡者が出ているとのこと。そして、死亡例の大部分は南アフリカなどの5歳未満の小児。さらにはアフリカ以外で、アジアや南太平洋諸国、中南米でも多くの発生がみられます。また、熱帯熱マラリアは重症化しやすく死亡率も高いといわれ、アフリカやアジア、太平洋の熱帯地域が感染の中心です。

三日熱マラリア

三日熱マラリア

三日熱マラリアは、韓国や中国の温帯地域でも問題になっています。また、黒人は遺伝的にこの三日熱マラリアに感染しにくいといわれ、このマラリアの感染はアフリカではないといわれていました。しかし、アジア系住民の流入増加で、東アフリカを中心に報告されるようになりました。「熱帯熱マラリア」と「三日熱マラリア」の両方がみられる地域では、マラリア対策の進捗から感染の中心が「熱帯熱マラリア」から「三日熱マラリア」へと移る現象がみられています。

2020年後半から新型コロナの変異種が襲う

新型コロナの猛威

2021年の現在は、新型コロナの変異種がアフリカ由来やイギリス由来、さらにはインドからも発見されています。しかもコロナワクチン摂取がこの変異に間に合わず、特にアフリカなどはアストラゼネカのワクチンは効き目が薄いとされるなど、世界的な危機は今もなお、続いています。これだけ医療が進歩していてもマラリアやウイルスに勝てる方法は無いのでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です