世界野生生物の日

3月3日は世界野生生物の日です

世界野生生物の日

世界野生生物の日は、2013年12月の国連総会で制定しました。この記念日は、国際デーの一つであり、英語の表記では「World Wildlife Day」です。またこの記念日では、ワシントン条約の「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」が1973年3月3日に採択されたことを記念したことで決められたものです。

ワシントン条約

ワシントン条約

世界野生生物の日は、地球上の全ての自然、景観に息づく、多種多様な野生生物に対し、人々の意識を高めてゆこうと決められたもので、その日を制定したワシントン条約は、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約、CITES」のことです。そして、今回2021年3月3日に開催される世界野生生物の日のテーマである、「森林と生計:人と地球を支える」を発表しています。

2021年のテーマ「森林と生計:人と地球を支える」

野生生物

森林や樹林地は、地表の3分の1近くを占めています。そしてそれらは、「水のろ過」や「土壌の肥沃化」、「気候調節」といった自然現象から生態系サービスと資源を人間に提供しています。また途上国では、8億人超が熱帯林とサバンナで生活をし、特に先住民などは森林に直接依存しています。またその住民らは、何世紀にもわたる森林生態系の管理者として、昔からその知識を受け継いでいます。

先住民などに生態系の管理をゆだねる

生態系を守る

ワシントン条約では、各国または各種組織、利害関係者に対して、2021年の世界野生生物の日に向け、テーマを広く知らせると共に意識を高め、森林生態系の利用と保全に関する経験と知識を保有する先住民などをあらゆるイベントに参加させることを呼びかけているそうです。長い間、そこに住んでいる地域住民に生態系を管理してもらうと共に、せめて我々は自分の住む地域を守り、共有している空気や海を汚さないようにすることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です