煽り運転の罰則強化へ!

6月30日から、煽り運転の罰則強化

今日、6月30日から煽り運転は罰則強化され、「妨害運転罪」になり、懲役5年以下または100万円以下の罰金 が課せられます。そして、更に免許も即取り消しとなるそうです。

妨害運転罪

新たに制定されたこのは、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金、高速道路で他の車を停止させるなどの特に危険な行為は5年以下の懲役、100万円以下の罰金となります。これらどちらの違反も即免許取り消し、更に2年もしくは3年の間は再取得することは不可能となります。

立証には、ドライブレコーダーが必須

他の車の通行を妨げる目的で逆走、急ブレーキ、車間距離不保持、急な車線変更等の10行為を対象とされています。この件は通行を妨害する意思の立証が不可欠です。警察はドライブレコーダー、目撃者の証言やタイヤの痕跡など証拠の収集、関係者の供述による裏付け捜査を強化されるそうです。

煽りは暴力と同じ扱いに

ケンカで、手を出したら負けっていうことはありますが、今後は煽ったら負けになるという事です。免許取り消しどころか、せっかく私生活が順調だったのに、ちょっと感情を抑えきれなかっただけでメチャクチャになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です