かいわれ大根の日

9月18日はかいわれ大根の日です

かいわれ大根

1986年の9月に「日本かいわれ協会」今は、日本スプラウト協会が会合で制定しています。この月に制定した会合が行われました。そして、この日は、かいわれ大根の形状が葉っぱ「8」の下に茎「1」で竹トンボの形になるからだそうです。

かいわれ大根とは?

かいわれ大根

かいわれ大根というのは、大根の種子から発芽して双葉が出たものです。現在では、一般的にスプラウトとよばれています。この「かいわれ大根」は、生のままでサラダにされたり、丼物の飾りとして使われることがほとんどです。

かいわれ大根は栄養が豊富

かいわれ大根の栄養

しかしこの「かいわれ大根」は、カロテンやビタミンC、ミネラルなどが豊富であり、かいわれ独特の辛味成分には抗菌効果や抗酸化作用も期待されています。

かいわれ大根の名前の由来

かいわれ大根、名前の由来

「かいわれ大根」は、漢字で「貝割れ大根」、「穎割れ大根」などと書きます。元の植物は、大根だけではなく「カブ」なども発芽して双葉が生えたものを「かいわり菜」と呼ばれ、古くから食べられていました。その後、この「かいわり」が「かいわれ」に変化したといわれています。また「かいわり」も漢字では「貝割り」と書かれ、発芽した双葉が貝の開いたように見えることが由来だといわれているそうです。

今は、スプラウトとして人気

かいわれ大根のサラダ

現在スーパーなどの野菜コーナーに行くと、かいわれ大根以外も、ブロッコリースプラウトやからし菜のスプラウトなど色々な種類のものがあります。それぞれ個性があって、味や香り栄養価も違うそうです。ブロッコリーのスプラウトなんかは、成熟のブロッコリーの10倍の栄養が含まれているものがあるそうです。現在、野菜が高騰していますが、これを機に価格の変動が少ない「かいわれ大根」などのスプラウトをサラダにして食べるのも有りかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です