きのこの日

10月15日はきのこの日です

きのこの日

1995年、東京都千代田区に事務局を置いた日本特用林産振興会が制定しています。この日付にしたのは、「きのこ」の需要が高まる月が10月で、その月のちょうど中間にあたる15日が消費者に覚えやすく、「きのこ」をアピールしやすいことで選ばれました。

特用林産物

しめじなど

特用林産物は、山林から産出される材木以外の産物のことです。食用である「椎茸」「榎茸」「ぶなしめじ」などのきのこ類、「栗」「胡桃」などの樹実類、「わらび」「たらのめ」「ぜんまい」などの山菜類などが含まれます。

日本特用林産振興会と活動内容は?

舞茸など

日本特用林産振興会は、1984年に特用林産物関連産業の振興を図るとともに、農山村地域の発展に貢献することを目標に10月に設立されました。そして、主な事業としては需要や消費拡大のため、「料理コンクールなどのイベントの開催」、「きのこや山菜アドバイザーの養成」などの情報機関誌『特産情報』(月刊)や『きのこアドバイザー』の発行などを行っています。

きのこは低カロリーで栄養豊富!?

たくさんのきのこ

きのこは、全種類100gあたり20kcal前後というとこで、極端な低カロリーです。さらには、食物繊維豊富で食べごたえがあるので、ダイエットに効果的な食材となります。これから、きのこの主な栄養成分をいくつか見てみましょう。

ビタミンB1、B2

きのこの栄養

ビタミンB1は、疲労回復のビタミンで糖質の代謝を行い、脳や神経系の働きを維持します。そして、B2は美容のビタミンで、皮膚や粘膜を健やかに保ちます。

ビタミンD

きのこ料理

ビタミンDは、カルシウムの吸収を促進するため、骨を丈夫にするのに必要な栄養素です。「エルゴステロール」を保有するきのこを2~3時間天日干しにして、紫外線を吸収すればビタミンDが生成されます。

ミネラル、食物繊維、βーグルカン

ミネラル、食物繊維が豊富

その他、ミネラル(骨や体を作り、体の調子を整える)、食物繊維(不溶性食物繊維が豊富で腸のぜん動運動を促し便秘を解消)、β-グルカン(細菌やウイルスに対する抵抗力を高め、大腸がんの予防)など様々な効果が期待されます。

低カロリーで、美味しくて、栄養豊富!

低カロリーのきのこ

カロリーが低くて、調理しだいで美味しくなり、栄養豊富ときたらこの食材に勝てるものは無いでしょう。しかも良い出汁が出るので、どのジャンルの料理の要的な役割を果たす最強食材です。これから寒く空気の乾燥した冬が訪れます。これを機に、ウイルスなどに負けない抵抗力を身に付ける為に、たくさん食べておくことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です