宝くじの日

9月2日は宝くじの日です

宝くじ

1967年、みずほ銀行(前・第一勧銀)の宝くじ部が制定しました。この日に決まったのは、「く→9、 じ→2」の読む語呂合わせからです。また、当選しても換金せず、無効となる宝くじが多い為にも、時効防止することが目的だそうです。

敗者復活の宝くじもある!?

宝くじ敗者復活戦

1973年から、外れた宝くじ券の中でラッキーナンバーを選び、賞品を贈る敗者復活戦「宝くじの日お楽しみ抽せん」を実施しています。ちなみに、宝くじが日本で初めて発売されたのは1945年10月29日でした。

宝くじが当選しても非課税になる!?

宝くじは非課税

宝くじでの当選金は、法律で「非課税」と定められています。そして、所得税がかからないために住民税もゼロです。仮に高額当選しても、税金のことは気にせず、全額使いきる事が可能だということです。まさに夢のくじですね。

競馬などの公営ギャンブルは課税対象

競馬、公営ギャンブル

残念ながら、競馬などの公営ギャンブルの払戻金は非課税ではないのでご注意を!「馬券」などは課税されてなく、これらギャンブルで年間の稼ぎが一定額を超えた場合は、「一時所得」とし、確定申告が必要となります。

目指すはハロウィンジャンボ

夢の当選者

「ハロウィンジャンボ宝くじ」(新市町村振興 第855回全国自治宝くじ)と、「ハロウィンジャンボミニ」(新市町村振興 第856回全国自治宝くじ)は、2021年9月23日(水)から10月20日(火)まで全国で同時発売です。2020年から続くコロナ禍で人々は苦しめられてきていますが、今回は1等賞金が3億円、1等の前後賞が各1億円、1等・前後賞合わせて5億円と超豪華賞金となっています。新型コロナのワクチンや治療薬が徐々に出回りはじめ、ようやく終息への希望の光が見えてきたようです。宝くじは、販売総額のうち賞金や経費などを除いた約40%が収益金を発売元の全国都道府県及び20指定都市へ納められます。その中で「高齢化少子化対策」「防災対策」「公園整備」「教育及び社会福祉施設の建設改修」などに使われています。これからは、宝くじを数枚買って夢を見るとともに、更なる復旧や復興を願いたいと思っています。

「宝くじの日」に関するツイート集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です