今日は終戦記念日

8月15日は終戦記念日です

靖国神社

1945年8月14日、日本政府はポツダム宣言を受諾、そして15日に昭和天皇による玉音放送により、国民に日本が無条件降伏したことを伝え、第二次世界大戦が終結しました。

正式な終戦日は9月2日

降伏調印式、戦艦ミズーリ

降伏調印式が行われたのは、1945年の9月2日です。行われた場所は、東京湾上に浮かぶ米戦艦ミズーリ号でした。そして、それらの状況をラジオの実況中継によって、世界中に流されています。トルーマン大統領は、ラジオの実況中継後、全国民に向けたラジオ放送で演説し、その中で9月2日を正式に第二次世界大戦を勝利で終えたことを宣言したのです。

ソ連では終戦日が9月3日!?

北方領土の問題

ソ連(現在のロシア)は1945年8月9日に対日戦を開始しています。また、降伏調印が行われている9月2日は、北方領土の歯舞島攻略作戦を発動し、そして5日に千島列島全島の占領。

実際にソ連では、戦勝記念式典の開かれた9月3日を正式な対日戦勝記念日でしたが、ソ連崩壊後、政権を受け継いだロシア連邦共和国議会が、9月2日を「第二次世界大戦が終結した日」と制定する法案を可決しています。

敗戦から学ぶ事

終戦の玉音放送

もし、日本がこの戦争で勝利していたら、きっと今のような平和な国にはならなかったでしょう。むしろ、さらに酷い戦争が繰り返されていた可能性があります。負けることにより、はじめて戦争の無意味さを痛感し、平和な国づくりを目指して人々が動きだしました。それがもう75年、素晴らしいことですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です