今日は長崎平和の日

8月9日は長崎の平和の日です

ながさき平和の日

1945年8月9日午前11時02分、米軍のB29爆撃機が原子原爆を投下し、長崎市松山町500m上空で爆発しました。

核兵器の廃絶と世界平和

平和公園

広島に続き2度目の原子爆弾で、当時の長崎市の人口24万人のうち推定、約7万4千人の市民が死亡しました。長崎市は、この日を「ながさき平和の日」として原爆犠牲者慰霊平和祈念式を行い、核兵器の廃絶と世界平和の実現を訴え続けています。

平和祈念像

平和祈願像


長崎市には、平和への願いを象徴する高さ9.7メートル、重さ30トン、青銅製の平和祈念像があります。制作者の西望氏は、この像を神の愛と仏の慈悲を象徴として、天を指した右手は「原爆の脅威」を、水平に伸ばした左手は「平和」を、軽く閉じた瞼は「原爆犠牲者の冥福を祈る」という想いを込めているそうです。

平和の泉

平和の泉

1945年8月9日、長崎は原爆のため体内まで焼けただれた被爆者が「水を…」「水を…」とうめき叫びながら亡くなっていきました。その痛ましい霊に水を捧げ、めい福を祈り、世界平和を願うため、核兵器禁止世界平和建設国民会議と長崎市は、全国からの浄財を基として「平和の泉」を建設しています。

核兵器の廃絶を願って

平和を願う

広島と長崎に原子爆弾が投下されて、75年が経ちます。戦後直ぐに生まれても既に70歳を越えています。当時のことを知るものは、今ではほとんどいません。平和であることの有り難みを忘れ、また同じ過ちを繰り返さないよう、戦争を知らない我々が、後を継ぐ人達に正しい道を伝えていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です