青汁の日

10月26日は青汁の日です

青汁の日

福岡県の博多区に本社を置いて、多くの人に青汁で健康になってもらうことが目的で、青汁などの健康食品の通信販売を行う株式会社アサヒ緑健が制定しました。この日付は10をアルファベットの「IとO」で「青」とし、「26」を「汁」と読むところからです。

青汁の効果は?

青汁の効果

青汁に期待される一番の効果は、野菜不足を補うことですが、実際に厚生労働省が推奨した「一日に必要な野菜摂取量は350g」です。しかし、この量の野菜を毎日の食事だけで摂取するということは、手間やコストがかかります。

野菜の栄養は青汁で補う

野菜と青汁

青汁は、野菜に加えて飲むことにより、野菜に含まれる「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」など、健康維持に必要な栄養を補うことができます。また最近は、味も調整されていて、野菜の苦味などの風味が苦手な方でも飲みやすく作られているため、野菜嫌いな子供でも気軽に飲めるようになります。

必要に応じた青汁選び

青汁選び

青汁といっても似たような商品がたくさんありますが、メーカーによっては、特徴のあるものもあります。その目的や用途にあった商品を見つけることをお勧めします。

肥満や便秘の改善

青汁の原料

青汁には、「食物繊維」や「カリウム」が豊富に含まれている商品があります。食物繊維は、不要なものを体外にスムーズに排出させ、「腸内環境を整える働き」と「便秘の改善が期待」ができる栄養成分です。他にも、糖質や脂肪分の吸収を緩やかにする働きがあるとされ、肥満気味の方にもお勧めします。またカリウムには、体内の水分量を調整する働きのミネラルであり、むくみを改善する効果があるそうです。

食欲がない時の栄養補給に

食欲不振でも飲める

体調不良の方や妊娠中の方などで、どうしても食欲がなくて栄養不足を感じている方にも青汁がおすすめです。青汁は、水などに溶かしているだけなので、食欲がないときでもドリンク感覚で簡単に栄養を補給することができます。また、ジュースやアイスクリームなどに混ぜて飲めば、野菜から得る栄養に加え、エネルギーも同時に補給することにもなります。当然ですが、青汁を飲めば食事は摂らなくて良いというわけではありません。どうしても食べれない時などの補助食として青汁の活用が有効となります。

青汁でミックスジュース

青汁入りミックスジュース

一般的には、普通に青汁を水に溶かし飲むだけですが、豆乳や牛乳を混ぜても美味しく頂けます。また、豆乳などからたんぱく質などの栄養素が加わり最強のドリンクに変わります。他にも、ヨーグルトに混ぜてみたり、栄養豊富なバナナなどを混ぜたミックスジュースを作るかたも増えているようです。青汁は、本当に体に良いので、自分が飲みやすいようにアレンジして毎日欠かさず飲みましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です