北方領土の日

2月7日は北方領土の日です

1981年、日本政府が北方領土を返還する運動の推進、国民の関心と理解を深めることを目的に閣議決定で制定しました。

北方四島

北方領土を眺める人

北方領土は、現在のところロシア連邦が実効支配しています。その四島は、「国後島」「択捉島」「歯舞諸島」「色丹島」です。この日が記念日となったのは、当時の日本(江戸幕府)とロシア(帝政ロシア)の両国が、最初に国境の取り決めを行った1855年「日露和親条約」の締結日から由来しているそうです。

北方領土問題

ロシアと北方領土問題

1945年 8月の第二次世界大戦終了直後、ソ連軍(今のロシア軍)が不法に占拠し、日本人が住めない島々となりました。しかし北方四島は、国際的諸取決めからみても、我が国に帰属すべき領土であることは事実です。また、この問題は、戦後70年以上経過した今もロシアの実効支配下にあるが、我が国が主張する固有の領土「北方四島」の返還を実現させることは、国家の主権にかかわる重大な課題となっています。

日本の領土をめぐる情勢

外務省のホームページ

URL: https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/hoppo/hoppo.html

領土問題は解決するの?

日本の領土問題

日本が抱える領土問題は、「尖閣諸島」「竹島」「北方四島」など、いづれも解決の糸口が全く見えてないのが現状です。その上、これらの対象国は日米同盟のような関係も結んでおらず、いつ戦争が勃発してもおかしくない状況です。それゆえに、慎重な交渉になり、全く前進しません。それどころか中国などは、ジリジリと詰め寄ってくる始末。現在では、世界全体がネット環境を整え、着実にグローバル化が進んでいます。これをきっかけに外交力を高めてこの問題を1つずつ確実に解決して欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です