女性雑誌の日

2月27日は女性雑誌の日です

1693年の2月27日は、世界初の女性向け週刊誌「ザ・レディス・マーキュリー」が創刊された日です。この雑誌は、男性と女性の両方に向けた週刊誌『ジ・アセニアン・マーキュリー』から派生した雑誌として発行されています。ちなみに日本では200年遅れて1911年に、最初に創刊された女性雑誌「青鞜(せいとう)」があります。青鞜というのは青い靴下のことであり、18世紀のロンドンでは青い靴下を履くことが教養のある女性たちのシンボルとされていたために、女性雑誌にこの「青鞜」という名が付けられました。

ザ・レディス・マーキュリー

ジョン・ダントンが新聞「Athenian Mercury」を辞め、「処女、妻、または未亡人であることにかかわらず、女性の愛、結婚、ふるまい、ドレス、およびユーモアに関するすべての最もすばらしく、奇異な問題」を扱う世界初の女性向け悩み相談週刊雑誌「ザ・レディス・マーキュリー」をロンドンで発行しています。実は、「ザ・レディス・マーキュリー」が創刊された正確な日付はわかっていません。同年の6月27日が「ザ・レディス・マーキュリー」の創刊日だという説も存在し、6月27日が「女性雑誌の日」であるともいわれているそうです。それはともかく、現代人から見てもかなり斬新な内容だと思われます。したがって、今も「Ladies Mercury」という言葉は、「女性の性の悩み相談」という代名詞になっています。

最近話題の女性蔑視発言の真意

2021年の東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の失言、「女性蔑視」いわゆる女性に対する本音といえる言葉が飛び出しました。その言葉とは、以下の内容です。

女性っていうのは優れているところですが競争意識が強い。誰か1人が手を挙げると、自分も言わなきゃいけないと思うんでしょうね、

スポニチアネックス より引用

さらにこの内容は、女性に対する自分の意識を丁寧に説明する形で発言されているようでした。そして、その後の釈明も、世界中の人からまるでこの国はすべての男性がそういう意識を持っているかのように思わせるコメントだったために、不快に思った方はたくさんいたのでしょう。

差別問題の解決は永遠のテーマ!?

部落問題

確かに昔の日本は、今では考えれないような差別が行われていました。これは、男女差別だけではなく同和問題(部落差別)、身分や家柄なども含まれています。しかしながら、同和問題は、今や世代が変わっていくにつれ、薄れているのも事実です。現在のように世界中がネット繋がり、個人の主張が簡単にできるようになっている今こそ、あらゆる差別問題を即急に解決できる時期が来たことを確信します。

“女性雑誌の日” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です