手洗いの日

1月15日は手洗いの日です

1月15日は、ヘアケア製品・化粧品・洗剤・衛生用品の製造を行う「P&G」が手洗いの日として制定しました。この日付は、手が5本指で「い→1 い→1 て→5」(いい手)という語呂合わせからです。

手洗いの日

1月15日の今日は、インフルエンザなどが流行する時期とも重なります。したがって、インフルエンザ予防に手洗いを習慣付ける呼びかけに合う時期でもあります。ちなみに、日本ユニセフ協会は、10月15日を世界手洗いの日としてますが、この日も含めて石鹸を使い、しっかりと正しい手洗いの習慣付けする活動を行っています。

正しい手洗い

まず、石けん液で泡立てます。しっかりと泡立てることで、手全体や手のしわなどに石けん液が染み渡ります。正しい手洗いの「せいけつ手洗い」は、30秒かかります。とりあえず、30秒の手洗いを身につけるため、タイマーなどを置いて実施してみて下さい。 手洗いの内容は、最初に手の甲を左右こすります。次に指の間から親指を隅々まで洗います。さらに手のひらに指先を当てて、こすります。最後に手首をくるくると回しながらこすり、水で洗い流して終わりです。

2度手洗いの効果

手洗いを2度実施すると、ウイルスの除去効果が増すというデータもあるそうです。特に冬場のこの時期、ノロウイルスなど感染症が流行した時のトイレ後は、2度の手洗い実施を推奨しています。

新型コロナ感染防止にも手洗いが重要

2020年の2月頃、まさにこの時期から新型コロナ感染が国内で拡大していきました。5月の緊急事態宣言、そして今年も2回目が宣言されています。しかし、昨年より感染者や重傷者の増加数が最大となり、先が見えない状態です。もはや、我々国民が出きることは自己防衛しかありません。したがって、マスクやこの正しい手洗い方法を実施し、個々の力で感染を防止していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です