散歩にゴーの日

3月25日は散歩にゴーの日です

散歩にゴーの日

2010年、生理用品や紙おむつなど、衛生用品の大手であるユニ・チャーム株式会社がこの日を記念日として制定しました。この日付は語呂合わせで「さん→3 ぽに→2 ごー→5」(散歩にゴー)から3月25日に決められました。

この記念日の目的は?

現在のお年寄りが、外出先での転倒事故が多く、外出を控えることお年寄りが増加しています。しかし、健康でいるためには適度な運動が必要なのは皆さんも良く知っています。そこで、安全なサポート器具で安心して散歩に出かけ、健康でいて欲しいという願いがこの記念日に込められています。

効果的なウォーキング

ウォーキングの距離と時間は、継続していけそうな運動量を考慮すると毎日3kmほどで時間は約30分がベストだそうです。そして、歩き始めて15分で体の脂肪がより多く消費されるので、最低でも20分は歩いて欲しいとのことです。また、逆に1時間以上歩くと体が脂肪を蓄えはじめるため、なぜかダイエットしようと思ったら逆効果になるそうです。

朝の散歩が効果的!

体の生理的なリズムを考慮すると、朝にウォーキングがより効果的だそうです。その歩くスピードは、通常歩くペースより少し速く息がはずむぐらいが目安です。ウォーキングは胸を開き、背筋を伸ばして大きく腕をふって軽快に前に進みましょう。

継続できる運動量から始めましょう

毎日のウォーキングで健康生活

運動は体に良いといっても、長い距離を毎日ジョギングしたり、屈伸や腹筋、腕立て伏せなどをやろうとしても大抵の人は三日坊主で続かないでしょう。年齢を重ねるほど体力衰えが激しくなるため、本当は高齢になるほど運動は必要であります。だから、最初は運動量をできるだけ減らして、継続的な散歩から始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です