日本ダービー記念日

4月24日は日本ダービー記念日です

日本ダービー記念日

1932年4月24日は、東京都目黒競馬場にて日本で初の「ダービー」(東京優駿)が開催された日です。9年前の1923年、旧競馬法が施行された後のことでした。そしてこの「ダービー」という呼び名は、イギリスの競馬の競走である「ダービーステイクス」を真似て企画されたレースだそうです。

日本ダービー(東京優駿)

日本ダービー2021年

日本ダービーの正式名称が東京優駿と呼ばれていて、そのレースは中央競馬の重賞競走(GI)です。この競馬の祭典は、日本の競馬レースの中でも多くの注目を集めています。

日本ダービーのルーツはイギリス

日本ダービーのルーツを辿るとイギリスに行き着きました。1780年にダービー伯爵が設立した「ダービーステークス」では、芝が約2423mの距離でレースが行われていました。そして、このレースの場所は、ロンドンの南に位置するエプソムダウンズの「エプソム競馬場」で開催されていたそうです。

エプソムではオークスも開催

このレースを地元では、エプソムダービーと呼ばれ、最初はオークスの牡馬版としてレースが始められています。また、この競馬場ではダービーステークスの他にもオークスステークスが開催されます。そして、競馬場は、クラシックレースの聖地として現在でも賑わいを見せているようです。

世界各地で有名なレースの呼び名に

今やイギリスを含む世界各地の冠する競争にこの名を用いられ、行なわれるようになっています。有名な所では、アメリカの「ケンタッキーダービー」や日本で開催される「日本ダービー」(東京優駿)などが特に有名です。

競馬の魅力

競馬の魅力

世界的に盛り上がりを魅せる競馬の魅力は、ただ単にギャンブルということのほかにもあります。オリンピックなどスポーツの祭典を思わせる「強い馬の伝説」や「騎手と馬のドラマ」があるということは、最高の魅力ではないでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です