空気清浄機の日

1月19日は空気清浄機の日です

1月19日、電機産業の持続的発展のための施策立案・推進などを行う日本電機工業会(一般社団法人)が、2006年にこの日を記念日として制定しています。この日に決まったのは「い→1 い 1→く→ 9うき」(いい空気)という語呂合わせからです。目的は、空気清浄機の正しい使用法を周知することです。

空気清浄機

空気清浄機は、空気中に浮遊している埃やな有害な細菌やウイルスなどの物質を収集くれる家電製品です。その原理は、臭いの原因物質やほ埃や花粉、ウイルスなど、目に見えない細かいものをフィルターに通して、空気そのものを綺麗にする機能です。

空気清浄機の種類

空気清浄機の種類は、大きく分けて2種類に分類できます。ファンを回して集める「ファン集塵式」とプラズマ放電を利用した「電気集塵式」があります。

ファン集塵式

空気清浄機は、このファン集塵式が一般的で市場でも多くを占めていいます。室内の空気をファンによって循環させ、フィルターなどで汚れなどを絡ませ、後にその空気のみを再度放出するタイプです。

電気集塵式

電気集塵式は、高電圧でプラズマ放電を発生させ、電極にほこりや粉じんを吸着させるタイプの空気清浄機です。ファン集塵式に対し、比較的に集塵能力が低いのがこの空気清浄機の欠点だといわれています。しかし電気集塵式の場合、フィルターが不要なため、メンテナンスコストを抑えることができるメリットがあります。したがって、喫煙所などの普段から特別に汚れやすい場所で活用されます。

新型コロナ感染防止対策で注目

今までの空気清浄機は、空気中の花粉やハウスダストなどの汚れを除去するものというのでした。しかし、2020年から新型コロナ感染防止対策で、シャープの「プラズマクラスター」などのウイルス除去機能を装着した製品が人気となっています。

空気清浄機能付きエアコンの登場

さらには、空気清浄機能付きエアコンまで注目されはじめています。冬場は、外の気温が低すぎて、ウイルスの飛沫を防ぐための換気を怠ってしまいがちです。それを防ぐ対策として、先ほどの空気洗浄機能付きのエアコンが能力を発揮するというわけです。まだまだ高額で簡単には購入できませんが…。そのうちに空気清浄機能付きのエアコンが当たり前の時代が来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です