124年ぶり、2日が節分

2月2日は節分です

2月2日の節分

季節の移り変わりの目安「雑節」の一つで、「立春」の前日「大寒」から約15日目です。この「節分」の日は毎年2月3日ですが、今年2021年に限っては2月2日になります。節分の日が2月2日になるのは、1897年2月2日以来で124年ぶりです。

節分

豆まき節分

節分は、季節の節目のことを指し、年に4回(立春・立夏・立秋・立冬の前日)あります。しかし、旧暦では春から新年が始まったために立春の前日の節分は、大晦日にとなり、大事な日になります。それにより立春の前日である節分が重要視され、節分はこの日を指すようになったそうです。また、昔は季節の分かれ目には邪気が入りやすいと考えられていて、邪気祓い行事が各地で行われています。今でも一般的に行われている豆まきも、新年を迎えるための邪気祓い行事だといわれています。

豆まきの歴史

昔の中国では、大晦日に邪気祓い「追儺(ついな)」という行事がありました。これは、桃の木で作った弓矢で鬼を追い払う行事です。この行事が奈良時代に日本に伝わって、平安時代に宮中行事として取り入れていたと伝えられています。その行事の「豆打ち」の名残が「豆まき」として、江戸時代に庶民の間に広がったそうです。また「豆打ち」から「まく」に変わったのは、農民の豊作を願う気持ちを反映し、畑に豆をまくしぐさを表現したとされているそうです。

恵方巻

恵方巻き

恵方巻とは、その年の恵方(縁起が良い方角)を向いて太巻きを丸かじりすると願い事が叶い、無病息災や商売繁盛をもたらすという縁起の良い風習です。
この風習は大阪発祥で関西地方で親しまれ、さらには今や全国的な広がっています。この恵方巻は、七福神にちなんで7種類の具を入れ、巻き込んだその福を逃さぬよう丸ごと1本を、無言で恵方を向き食べきると縁起が良いとされています。他にも、太巻きを「逃げた鬼が忘れていった金棒に見立て、鬼退治した」と捉えた説もあるそうです。

新型コロナウイルスは外!!

鬼は外、福は内

去年の今頃から新型コロナの感染が徐々に広がり、中国の武漢、韓国や日本国内はおろか、今やヨーロッパ、アメリカなど全世界でパンデミックに陥っています。そこで今年の節分は、これらの災いを払うためにも、今年は特別に強い願いを込めて、明日の節分を迎えたいと思います。

“124年ぶり、2日が節分” への2件の返信

  1. Hiya! I know this is kinda off topic however I’d figured I’d ask.
    Would you be interested in trading links or maybe guest authoring a blog
    article or vice-versa? My blog goes over a lot of the same
    subjects as yours and I feel we could greatly
    benefit from each other. If you’re interested feel free to send
    me an email. I look forward to hearing from you!

    Excellent blog by the way!

  2. Hey there just wanted to give you a quick heads up. The words
    in your article seem to be running off the screen in Opera.
    I’m not sure if this is a format issue or something to do with
    web browser compatibility but I thought I’d post to let you know.
    The design and style look great though! Hope you get the problem
    fixed soon. Cheers

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です