山菜の日

3月31日は山菜の日です

山菜の日

3月31日のこの日は、山菜料理の「出羽屋」が山菜の日として制定しています。雪の多い山形県西川町では、春の山菜が待ち遠しいこともあり、3月の最終日から「春ですよ」との合図を込めるとともに、「さん→3 さ→3 い→1 」(山菜)という語呂合わせから記念日に決められました。

山菜の種類

山菜の種類

山菜は、スーパーなどで色々な種類のものが店頭で並んでいます。そのたくさんある山菜の中から、いくつか特徴やベストな食べ方をご紹介していきましょう。

「ふきのとう」

ふきのとう

ふきのとう」の収穫時期は、2月~5月の雪解けの頃からで、土中からちょっと顔を出す初春の代表的な山菜です。ベストな食べ方は、天ぷらやみそ汁、炒め物などです。「ふきのとう」に含まれる栄養素は、苦味成分の「アルカノイド」と「ケンフェノール」。香り成分は「フキノリド」で、健胃効果があると言われています。そして、カリウムも豊富に含まれています。

「たらの芽」

たらの芽

「たらの芽」の収穫時期は、3月~4月初旬(山間部は6月頃まで)であり、「山菜の王様」として大人気です。自然の「たらの芽」は、主に道路脇や林道など、比較的に拓けた明るい所で育ちます。

山菜の天ぷら

ベストな食べ方は、「天ぷら」「ごま和えや味噌和え」、「炒め物肉巻き」「シチュー」などです。栄養成分は、良質な「タンパク質と脂質」、ビタミンが豊富です。さらには、カリウムやβカロテンが含まれ、マグネシウムやリン、鉄分などのミネラルも豊富に含まれます。

「わらび」

わらび

「わらび」の収穫時期は、4月~5月で「五月わらびは嫁に食わすな」ということわざがあるほど、昔から日本人に親しまれています。自生する地域は、全国各地の山などであり、身近な山菜です。

山菜そば

ベストな食べ方は、炒め物やナムル、お浸しや天ぷら、炊き込みご飯などです。「わらび」の栄養素は、ビタミンB2と葉酸が豊富であり、低カロリーで糖質も低く、ヘルシーな山菜です。また、乾燥わらびだと栄養価が高まり、中でもカリウムや鉄分は、生のものより10倍以上も増えるそうです。

山菜採りのルール

山菜採りのルール

私は、子供のころ周りが畑だったので山菜採り手伝いをよくしていました。やはり、その時にも教わっていたどこも共通のルールがあります。そのルールですが、まず「そこは採っても良い場所(立ち入り禁止)かどうかを確認」。「山菜を傷めない、根こそぎ採らない」根を残さないと再生できない。「食べられるのか、毒があるのかを知っておく」。「むやみに大量に採らない」。「周りの草木を傷めず、掘った穴は、埋めておく」などそれらのルールを守って山菜採りをして自然を満喫しましょう!

スポーツ栄養の日

3月30日はスポーツ栄養の日です

スポーツ栄養の日

3月30日は、スポーツ新聞の発行やデジタル媒体の運営、文化事業などを行う株式会社日刊スポーツ新聞社が制定しました。目的は、日刊スポーツ社が運営しているスポーツ栄養サイト「アスレシピ」をより多くの人に活用してもらうことです。

スポーツに必要な栄養

スポーツに必要な栄養

運動する際に重要なことは、栄養をバランスよく摂取することです。人間が生きていくためには、5つ栄養素「糖質・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル」を摂取が必要です。これらは、体をつくる素になったり、運動するエネルギーや調子を整えたりする役割があります。

栄養はバランスが大切

バランスの良い栄養

5つの栄養素は、それぞれが助け合いながら各自で重要な働きをするため、ひとつでも不足すれば、バランスが崩れ身体の機能が正常に動かなくなり、体調に異変が生じます。したがって、スポーツ栄養で重要なことは、栄養のバランスを意識することです。

日本食の「一汁一菜」プラス「牛乳・果物」

和定食

昔ながらの日本食「一汁三菜」は、ご飯に 汁もの、おかず3種(主菜1品、副菜2品)のメニューです。スポーツする人は、これに乳製品と果物をプラスしたメニューが、ベストな栄養バランスとなります。確かにハードな運動するには、タンパク質だけじゃなくエネルギーが大量に消費されます。「体力アップ」、「ダイエット」などそれぞれ栄養の取り方が重要ですから、それに応じた食事法を学びましょう。

みんつくの日

3月29日はみんつくの日です

みんつくの日

3月29日は、「つなぐ、つたえる、シェアをする」をキーワードに、社会の課題を解決することを目指す「みんなでつくる財団おかやま『通称:みんつく』」(公益財団法人)がこの日を記念日として制定しました。そして、この日付は「み→3 んつ→2 く→9」という語呂合わせから決められています。

みんつく

オンライン会議

みんつく「みんなでつくる財団おかやま」(公益財団法人)は、530名以上の方から4,133千円の寄付によって設立した「みんなの何とかしたいをカタチにする」市民コミュニティ財団です。

「安心で持続可能な地域社会の実現」

つなぐ、つたえる、シェアする

この活動は、「つなぐ、つたえる、シェアをする」をキーワードに、多くの人たちにアピールして地域版クラウドファンディング「割り勘」や、個人でも少額からの基金が設置可能な「冠基金」等の仕組みを提供しています。そして、人や資金、情報の共有をしながら、社会の課題を解決に向けて「安心で持続可能な地域社会の実現」を目指しています。

みんつくの仕組み

みんつくは、「みんなの何とかしたい」をカタチにするため、次のような仕組みを提供しています。

  1. 割り勘で夢を叶えよう! →(事業指定助成プログラム)
  2. みんなの貯金箱を持とう! →(冠基金社会変革基金)
  3. みんなとやればできるはず! →(地域円卓会議)

この仕組みの活用により、地域を良くするアイデアや活動をみんなで応援、そして社会の課題解決を進めているそうです。

力を合わせれば何でもできる

自然災害や新型コロナによる被害に対して、復旧作業や風評被害などの問題を解決するためには、一人の力ではどうすることもできません。一人でSNSなどに協力を働きかけてもおそらく賛同してくれるのは、信頼性が問われるため、ほとんどいないと思います。そんな時に「みんつく」などの団体があると、ボランティアなどの協力者が安心して参加してきます。

グリーンツーリズムの日

3月28日はグリーンツーリズムの日です

グリーンツーリズムの日

2013年、大分県各地で活動を行っている「大分県グリーンツーリズム研究会」(NPO法人)がこの日を記念日として制定しました。この日は、1996年3月28日に日本でグリーンツーリズムが発祥したといわれる「大分県安心院町グリーンツーリズム研究会」の発足がきっかけとされています。

グリーンツーリズム

グリーンツーリズムの発祥

グリーンツーリズムとは、農山漁村に滞在し農漁業体験することで、地域の人たちとの交流を楽しむ余暇活動のことです。元々は、長期バカンスをエンジョイするのが好きなヨーロッパ諸国で普及したものだそうです。

グリーンツーリズムの目的

グリーンツーリズムのPR

グリーンツーリズムは、農山漁村地域で、自然や文化、人々の交流を楽しむ滞在型の余暇活動のことです。そして目的は、その振興と発展を目指すことであります。

「農山漁村余暇法」の制定

グリーンツーリズムの振興は、都市住民に対し、自然や地元の人とふれあう機会を提供する以外も、農山漁村を活性化や新たな産業の創出を目指しています。これらを視点に1994年、グリーンツーリズムの振興を支援する法律「農山漁村余暇法」が制定されました。そして、各地域で農家民宿の登録や基盤整備、さらには体験や交流プログラムを作成しています。教育旅行の受け入れなどが対象に、旅行者の受け入れが行われています。

新型コロナ拡大予防のための対策

今回2021年のこの働きかけは、新型コロナウィルスの感染を防ぐため、あらゆる対策をしっかり行ってからの活動になります。都市圏から旅行者は、お年寄りの割合が急増している農山漁村の地元民への感染対策を徹底し、感染を防ぐことが大前提であることは意識したいところです。

さくらの日

3月27日はさくらの日です

さくらの日

1992年、公益財団法人「日本さくらの会」(公益財団法人)がこの日を記念日として制定しましました。この日は、3×9=27(さくら27)の語呂合わせと、この時期は七十二候の一つで「桜始開」(さくらはじめてひらく)が重なることから決められました。

日本さくらの会

日本さくらの日

日本さくらの会」は、日本の歴史と文化、そして風土は桜と深くかかわってきました。また、記念日の目的としては、この桜を通じて日本の自然や文化に国民が関心を高めるために定めました。

桜の開花は気象庁の役割

開花予測 気象庁

桜の開花に関しては、気象庁が毎年観測を行っています。桜の開花日は、標本木(気象庁の生物季節観測で、開花日などを観測するために定められた草木)を見て、5~6輪以上の花が開いた時に発表する初日のことです。

観測対象は主にソメイヨシノ

ソメイヨシノ

気象庁の観測対象は、「ソメイヨシノ」が主な桜の標本木です。また、「ソメイヨシノ」の生育がない地域は、「ヒカンザクラ」、「エゾヤマザクラ」を標本木として観測されているそうです。ちなみに沖縄地方や奄美地方の「ヒカンザクラ」の開花は、1月中旬頃に始まります。「ソメイヨシノ」の開花は、九州・中国・四国・近畿・東海南部・関東南部を結ぶ地域で、3月下旬です。そして、4月10日には北陸、関東北部、東北南部を結ぶ地域に達してきます。その後は、東北北部から北上、5月中旬になると北海道北部から東部まで達します。

2021年は昨年同様、コロナ禍で静かに満喫

さくらの花

今年は昨年と同様、新型コロナの感染の脅威でじっくりと見ることができません。しかし、気象庁ホームページの「生物季節観測の情報」では、全国のどの場所でさくらが開花しているか確認することができるために、3密が避けて静かな「お花見」場所を見つけ、たまには静かに物思いにふけりながら、しみじみと観覧するのも良いのではないでしょうか!

カチューシャの唄の日

3月26日はカチューシャの唄の日です

1914年3月26日、「島村抱月」と「松井須磨子」が起こした劇団「芸術座」が、トルストイの「復活」の初演を行いました。この演劇で歌われた「カチューシャの唄」が大流行しました。

島村抱月

島村抱月と松井須磨子

島村抱月は、評論家であり、新劇指導者でもあります。東京専門学校卒業後には、「早稲田文学」の記者になり、文芸評論を発表します。1897年、雑誌の「新著月刊」を創刊し、小説も執筆していました。35年にはヨーロッパに渡り、帰国後の38年には早稲田大学教授となります。そして、「早稲田文学」において多くの評論を発表する中、42年からは「坪内逍遥」(つぼうちしょうよう)の文芸協会に参加して海外作品の翻訳や演出を行っています。1913年に文芸協会を退会し、松井須磨子らと芸術座を立ち上げ、近代劇の普及に努めています。

松井須磨子

松井須磨子

日本で初の女優「松井須磨子」は、1886年に長野県埴科郡清野村(現在の長野市松代町)に生まれました。養父と実父を相次いで亡くし、上京しての嫁ぎ先からすぐに離縁させられ、自殺未遂を起こしています。その後、「坪内逍遙」と「島村抱月」が率いた文芸協会付属演劇研究所の第1期生となり、1911年5月に帝国劇場の最初の公演で「オフィリア」を演じ、「女優」デビューを飾っています。その後の須磨子は、32歳で亡くなるまで30作以上の芝居に出演しています。そして、「舞台では捨身」で「体当たり」の演技を見せたと、その「命がけの芸」は観客を魅了したそうです。

カチューシャの唄

カチューシャの唄

カチューシャかわいや わかれのつらさ
せめて淡雪 とけぬ間と
神に願いを(ララ)かけましょか

カチューシャかわいや わかれのつらさ
今宵一夜に 降る雪の
明日は野山の(ララ)路かくせ

カチューシャかわいや わかれのつらさ
せめて又逢う それまでは
おなじ姿で(ララ)いてたもれ

カチューシャかわいや わかれのつらさ
つらいわかれの 涙のひまに
風は野を吹く(ララ)日はくれる

カチューシャかわいや わかれのつらさ
ひろい野原を とぼとぼと
ひとり出ていく(ララ)あすの旅

散歩にゴーの日

3月25日は散歩にゴーの日です

散歩にゴーの日

2010年、生理用品や紙おむつなど、衛生用品の大手であるユニ・チャーム株式会社がこの日を記念日として制定しました。この日付は語呂合わせで「さん→3 ぽに→2 ごー→5」(散歩にゴー)から3月25日に決められました。

この記念日の目的は?

現在のお年寄りが、外出先での転倒事故が多く、外出を控えることお年寄りが増加しています。しかし、健康でいるためには適度な運動が必要なのは皆さんも良く知っています。そこで、安全なサポート器具で安心して散歩に出かけ、健康でいて欲しいという願いがこの記念日に込められています。

効果的なウォーキング

ウォーキングの距離と時間は、継続していけそうな運動量を考慮すると毎日3kmほどで時間は約30分がベストだそうです。そして、歩き始めて15分で体の脂肪がより多く消費されるので、最低でも20分は歩いて欲しいとのことです。また、逆に1時間以上歩くと体が脂肪を蓄えはじめるため、なぜかダイエットしようと思ったら逆効果になるそうです。

朝の散歩が効果的!

体の生理的なリズムを考慮すると、朝にウォーキングがより効果的だそうです。その歩くスピードは、通常歩くペースより少し速く息がはずむぐらいが目安です。ウォーキングは胸を開き、背筋を伸ばして大きく腕をふって軽快に前に進みましょう。

継続できる運動量から始めましょう

毎日のウォーキングで健康生活

運動は体に良いといっても、長い距離を毎日ジョギングしたり、屈伸や腹筋、腕立て伏せなどをやろうとしても大抵の人は三日坊主で続かないでしょう。年齢を重ねるほど体力衰えが激しくなるため、本当は高齢になるほど運動は必要であります。だから、最初は運動量をできるだけ減らして、継続的な散歩から始めましょう。

檀ノ浦の戦いの日

3月24日は檀ノ浦の戦いの日です

檀ノ浦の戦いの日

1185年の3月24日、長門国赤間関(現在の山口県下関市)の壇ノ浦で源氏と平家最後の合戦である「壇ノ浦の戦い」が始まった日です。

「檀ノ浦の戦い」

檀ノ浦の戦い

「壇ノ浦の戦い」は、1185年3月24日、長門国赤間関壇ノ浦(現在の下関市)で行なわれた「治承・永寿の乱」、一般的に知られている「源平合戦」最後の戦いです。この戦いで、平家が擁立した「安徳天皇」が入水し、「源義経」率いる源氏が勝利して、1177年から1185年にかけて日本全国で起こった争いが終わりました 。そして平家一門は捕らえられ、これまで栄華を誇った平家は滅亡しています。こうして長きに亘った「治承・永寿の乱」は、この戦いの幕を閉じました。

源平合戦が武家政治のきっかけに

源平合戦

源平が争うきっかけになったのは、「保元の乱」だといわれています。この内乱は、「崇徳上皇」と「後白河天皇」の皇位継承争いでした。そして、その時に源氏と平家各々の軍事力を利用し、結果的にこれら2つの武家が中央政界での地位を確立したというわけです。また、その4年後に起こった「平治の乱」では、平家の頭「平清盛」が、源氏の頭だった「源義朝」を破り、その争い負けた源氏は一時的に衰退しいます。

「平治の乱」では決着つかず

平治の乱

力を強めた平家でしたが、同時はこれに反発する勢力も多く現れています。そして、1180年には以仁王(後白河上皇の子)が平家の討伐を全国の武士に命じ、それがきっかけとなって「源義朝」の子「源頼朝」が再び挙兵します。序盤は平家に敗れた頼朝ですが、その後順調に勢力を伸ばし、鎌倉を拠点に東日本を勢力下に治めました。

一ノ谷の戦い

一ノ谷の戦い

この「一ノ谷の戦い」で平家は、「源義経」「逆落とし」と呼ばれる奇襲で致命的な大打撃を受けますが、まだこの時点では「安徳天皇」と「三種の神器」を押さえていました。しかし、「後白河法皇」が捕虜になっていた平重衡と交換するよう提案したが、宗盛は拒否しています。三種の神器を奪回できなかった源氏は、この後も「屋島の戦い」「壇ノ浦の戦い」へと
移り、源平合戦の終わりを迎えました。

連子鯛の日でもあり

連子鯛

「壇ノ浦の戦い」が始まったこの時は、幼い安徳天皇と共に入水し、平家の女性たちが「連子鯛」に化身したと伝えられているそうです。それでこの日を記念日としています。目的は、下関で多くの水揚げがある「連子鯛」を全国に広げるためです。ちなみにこの鯛は、スズキ目スズキ亜目タイ科に属する魚類で、キダイ(黄鯛)のことです。

世界気象デー

3月23日は世界気象デーです

世界気象デー

1950年の3月23日、世界気象機関条約が発効してWMOが発足しました。その翌年、気象学(気象と気候)やオペレーショナル水文学など、これらに関連し、地球物理学の分野から国際連合の専門機関として登録されています。そして、1960年に世界気象機関(WMO)が発足10周年を記念してこの日を記念日として制定しました。

世界気象機関条約

世界気象機関

「世界の気象業務を「調整」「標準化」「改善」して、同時に各国から気象情報を交換を奨励し、人類の活動に資する」ために1947年9月にワシントンD.C.で国際気象台長会議が開かれました。そこで、この世界気象機関条約が採択されています。

ジュネーブの機関で活躍する日本の役割

世界気象機関所在地 ジュネーブ

日本の気象庁は、北西太平洋で発生する台風の予測情報を関係国に提供する役割を担っています。WMOは、このような国際協力の枠組みをつくっています。またWMO事務局では、天気予報または予測等の実務は行っていません。各国の気象機関や水文機関(日本は「気象庁」「国土交通省水管理」「国土保全局」)の業務支援を行い、国際協力の取り決めを行う調整を行っています。

2021年のテーマ

今年のテーマは、「海洋と私たちの気候・天気」。このテーマは、国連の「持続可能な開発のための海洋科学の10年」の開始を記念して決められています。海洋は、人間の行動など地球上に存在する生物の営みによって排出された二酸化炭素の約3割を吸収し、大量の熱を蓄えます。

日本も協力して早めに災害を予測

台風の進路予想図

それにゆえに、今回は気候変動や台風等を含む日々の天候を監視する中で、気象予測のキーとなる海洋の状況を把握することを強調しています。そして、日本も気象衛星ひまわりなど技術力を結集して我々暮らす地球の状況を把握して、早めに災害を予測して安全に住めるように協力をして欲しいと思います。

世界水の日

3月22日は世界水の日です

世界水の日

1992年6月、ブラジル・リオデジャネイロで開催された「地球サミット」=環境と開発に関する国連会議にて提案された21世紀へ向けての行動計画「アジェンダ21」でこの日を記念日する案がでてきました。そして、その年12月に国連総会で決定して翌1993年から実施されています。

世界水の日

1992年6月にブラジル・リオデジャネイロで開催された地球サミットにて「アジェンダ21」が採択され、そこで「世界水の日」の制定が勧告されています。そして、その年の12月の国連総会にて、この「世界水の日」が制定されました。目的は、水の大切さや安全に使用できるようにすること、またその重要性を世界中で考えてもらうことを目指すためのものです。

「アジェンダ21」とは

アジェンダとは「課題」であり、「今後、取り組んでいく課題一覧」のことであります。そして「アジェンダ21」は、「21世紀に向けての課題」という意味です。サミットでは、「環境と開発に関するリオ宣言」「森林に関する原則声明」「アジェンダ21」という3つの文書が合意されました。この3つの中の「アジェンダ21」は、「環境と開発に関するリオ宣言」で定められた諸原を実行するため、21世紀に向けての行動原則です。「アジェンダ21」の内容は、広範多岐な分野にわたり、全体で40章あり、約500ページにもなります。

水も森林も人類には大切なもの

私達は、酸素がなければ生きることはできませんし、魚や爬虫類も酸素が必要です。そして、森林デーでも訴えていた植物は、我々など動物よりはるかに多い割合で地球上に存在し、その植物の光合成によって酸素を排出してくれます。

魚介類も海の恵みで生きている

また酸素は、海の中でも海藻などが供給し、生き物にとって重要なミネラルを含んで魚介類を支え、我々はその栄養をいただいています。今後は、これらの生態系をひとりひとりが意識し、改善できることは積極的に行い、普段生活に取り入れていくことを目指します。