シジミの日

4月23日はシジミの日です

シジミの日

2002年に設立されて長年の間、シジミの調査や研究を行ってきた島根県松江市にある有限会社「日本シジミ研究所」がこの日を記念日として制定しました。そして、この日付は「シ→4 ジ→2 ミ→3 」という語呂合わせからです。この記念日の目的は、シジミが食品としてはもちろん、水質浄化にも役立ち、これらの有用性をアピールすることです。

シジミの種類

シジミ

日本に生息しているシジミは、「ヤマトシジミ」、「セタシジミ」、「マシジミ」の3種が存在しています。どれも外観はよく似ていますが、生態的に大きな違いがあります。

ヤマトシジミ

ヤマトシジミ

ヤマトシジミは、汽水湖や河川感潮域に優占し、内水面漁業にとって最も重要な漁業資源となっているそうです。実は、シジミ漁業の漁獲量の99%以上はこのヤマトシジミといわれています。

セタシジミ

セタシジミ

セタシジミは、琵琶湖の固有種であり、琵琶湖で行われるシジミ漁業の漁獲対象生物となります。

マシジミ

マシジミ

マシジミは元々、水田周辺にある小川を中心に多く生息していました。それが、水田での有機肥料から化学肥料へとの転換や除草剤などの農薬を大量使用したこと、さらには河川改修や農地整備により、護岸のコンクリート化や3面工事によりほとんど消滅してしまっています。

シジミの水浄化効果

シジミの浄化効果

「シジミ」や「ドブガイ」などの二枚貝は、水の浄化や実験によく使用されます。それだけ確実に水質を浄化効果があるということでしょう。 また、その水質浄化の理由は二枚貝が濾過摂食者(濾過してエサを得る生き物)だということです。当店で販売している巻貝のヒメタニシも同じように濾過摂食という食性を持っている為、水質浄化の能力を発揮しています。

濾過摂食で水を浄化

シジミは水の浄化

濾過摂食とは、貝のエサとなる水中の植物プランクトンなどを砂の中から入水管を伸ばして吸い取り、エラ呼吸と同時にエラで摂取したエサなどを 口に運び食べる摂食方法。この動作で二枚貝は、水中で過度に増えた栄養素だけを濾し、水を浄化することができるといわれています。

シジミはミネラルも豊富

ミネラルが豊富なシジミ

シジミには、人間の体に必要なミネラル「カルシウム」「鉄、ナトリウム」「カリウム」「マンガン」「亜鉛」などが豊富に含まれています。そして、何より旨味成分の「グルタミン酸」「グリシン」などが含まれているため、味噌汁などにすると美味しいです。環境、栄養、美味しいとなると、まさに最強食材ですよね。

ダイアモンド原石の日

4月22日はダイアモンド原石の日です

ダイアモンド原石の日

ダイヤモンドを原石から取引し、研磨やデザイン、販売までを行う世界的なジュエリーブランド株式会社TASAKIが制定しました。この日付は、4月の誕生石がダイヤモンドであり、そしてひとつのダイヤモンド原石を対に分けて磨く(ツインダイヤモンド)、調和を意味する「2」の双子(ツイン)の数字「22」を組み合わせて4月22日としたそうです。

ダイアモンド原石

ダイアモンド原石

ダイヤモンドの色は、一般的には透明で無色であり、キラキラと輝く光の色をイメージします。また、加工される前のダイヤモンド原石(ラフ・ダイヤモンド)の色もまた無色です。しかし、実際は黄色味を帯びたものが多いため、希少性の観点で無色透明なものは、評価が高いものと思われます。

原石は様々な色を持つ

色々な宝石

原石は、無色のくもの以外にも「黄」「青」「ピンク」「緑」「グレー」「黒」まで色々な個性の原石が存在しています。それらは、宝石にならずに工業用のものや、安価なビーズとして扱われます。その中でも、透明で美しく希少で高いものは「ファンシーカラー」と呼び、宝石としては無色よりさらに高値で取引されるそうです。

ダイアモンドは炭素で出来てる!?

ダイアモンドは炭素

ダイヤモンドは、純粋な炭素で出来ていてますが、このパターンは非常に珍しい単一の元素で構成された宝石です。他の宝石であるルビーやサファイアは「アルミニウムと酸素」、エメラルドやアクアマリンは「4種の元素」で構成されます。

ダイアモンドが最も固い理由!?

最高の宝石、ダイアモンド

ダイヤモンドは、ダイヤモンド結晶構造という非常に特殊な構造をしています。この結晶構造は、原子同士が強く結合していて、自然界に存在する物質の中では最も硬いものだそうです。しかし、確かに傷には強いですが、衝撃にはあまり強くないようです。なのでハンマー等で叩いたり衝撃を与えると、当然何万もする宝石が粉々に割れて台無しですね。

オーベルジュの日

4月21日はオーベルジュの日です

オーベルジュの日

4月21日は、「オーベルジュ」オーナーやシェフなどにより設立され、「オーベルジュ」の発展を目的と、そして広報活動などを行っている日本オーベルジュ協会が記念日として制定しました。この日に決定したのは、日本で本格的に誕生した日にちなんでのことです。また、この日の目的は、春が来て素敵な旅が始まるという願いが込められ、このことに添って「オーベルジュ」の魅力や文化を伝えることだそうです。

オーベルジュとホテルの違い

オーベルジュとホテルの違い

オーベルジュとは、大自然に囲まれた郊外のレストランで、シェフがその土地の食材を使用して腕を振る舞い、宿泊できるレストランです。それは、一見レストランを備えたホテルのようですよね。その違いですが、日本オーベルジュ協会の方に、「オーベルジュの定義やマナー」、そして「ちょっとしたトリビア」を教わります。この時点ですでに「オーベルジュ」と「ホテル」でスタッフによるおもてなしの方向性が異なっており、「オーベルジュ」はあくまでも料理を楽しむことが理想とされていることのようです。

ホテルとの決定的な違い

オーベルジュとホテルの違い

ホテルも料理を楽しませる方向性は同じと思います。しかし明らかな違いは、オーナーが料理人であることが多く、料理長を複数置くような施設は少数派であることです。お客は、そのシェフの料理を食べるために訪れるというスタイルが一般的だといわれています。

郊外での営業により、完全予約制もある

レストランがメインで、席数も限られていることも多く、都市のレストランのような食事のみの客を呼び込むことも一般的。さらに、郊外での営業ということもあり、完全予約制で飛び込みでは利用ができない施設もあることも。最高の景色とそこで摂れた極上の食材、極めつけは一流のシェフの料理と、一生に何度も味わえない最高の贅沢を、この記念日にご褒美として過ごしてみたい。

青年海外協力隊の日

4月20日は青年海外協力隊の日です

青年海外協力隊の日

青年海外協力隊とは、1965年の4月20日に発足し、日本の政府開発援助(ODA)の一環として、外務省所管である独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施する海外ボランティア派遣制度です。

JICA海外協力隊

JICA海外協力隊

JICA海外協力隊とは、開発途上国での国づくりに貢献することが可能である人材を現地へ派遣されている隊員です。そして、その隊員はJICA(独立行政法人国際協力機構)が派遣し、それぞれ「青年海外協力隊」や「シニア海外協力隊」は、開発途上国で現地民と共同生活をすることで、同じ目線から途上国の課題に対して解決するという活動を行います。そして帰国後は、日本国内から他国までのあらゆる分野で、経験を生かした活動が期待されています。

政府開発援助(ODA)

政府開発援助

政府開発援助(ODA)とは、政府又は政府関係の機関が途上国の発展のために資金や技術を提供することです。現在では、世界196か国や地域の146ヶ国が貧困や飢餓に苦しみ、身体に害のない安全な水や食料が確保できず、さらには適切な医療を受けられない状態です。

途上国の発展が先進国の発展にも繋がる!?

途上国と一緒に発展

途上国の問題を先進国の問題と考えて活動すれば、国際社会全体の発展にも繋がるため、多くの先進国が途上国の支援をしています。ちなみに日本の支援先は、アジアが半数近くを占め、その次はアフリカや中東の援助に力を入れています。確かに、どこの先進国も自国の利益のための行動ですが、重要なのは途上国の人達と共同生活をして現地を知り、現地民に寄り添い、一緒に発展していくことだと思います。

地図の日

4月19日は地図、そして最初の一歩の日です

地図の日

1800年4月19日、伊能忠敬(1745~1818年)が蝦夷地(北海道)の測量しました。その後16年掛け、歩いて測量をしています。そして、本格的な日本全土の実測地図「大日本沿海輿地全図」を完成させ、この時初めて国土の正確な姿を証明し、別名「最初の一歩」とされました。

地図の色々

地図は、各地域や時代の世界観が反映されていて、どんな国や目的のために作られたのかで、形が大きく変わってきます。地図記号を例に挙げると、日本では郵便局『〒』のマークは、世界共通ではなく、欧州を中心に主に使用されているのは、イラストの角封筒であり、ドイツやスイスの場合は、楽器のホルンを四角く囲ったかわいい記号(昔は郵便馬車の御者が楽器を鳴らしながら走った事に由来)です。

サハラ砂漠も詳細地図がある!?

日本の約23倍の広さがある広大なサハラ砂漠も詳細地図があります。砂を黄色で塗られた地図には、砂の風紋のような模様があり、「砂と岩、定着している砂丘」と「動いている砂丘」などを区別した表現で描かれているそうです。

企業防衛のためのウソ地図

アメリカのある企業は、誰にも影響がない場所にダミーの地名を、実在する地名の中に数個を混ぜておくそうです。そうすれば、他社に複製されて販売されも複製したという証拠にすることができます。この事は、日本でも同様のことをしている企業があるとか。

正確な地図は多大な労力が掛かる

地図を制作するには、今も昔も多大な労力が掛かりますが、日本で地図を最初に完成させた「伊能忠敬」が測量に費やした月日は、16年ほど費やしたといわれてますが、その後は地図の制作に、それを完成させるまで21年といいます。今の技術からすると、想像を絶する苦労です。しかし、現在でも衛星やネット技術が進歩していて、航空写真と地域の情報を取り入れ、カーナビなどが仕事に活用されるようになり、定期的に更新する作業も増え、より正確な地図を要求されます。しかしながら、現在の最先端技術、AIによる自動化も「伊能忠敬」のような人たちによる最初の第一歩のお陰ということですね。

発明の日

4月18日は発明の日です

発明の日

1885年4月18日、「特許法」の前身「専売特許条例」が公布されて日本の特許制度がスタートしました。またこの日は、1954年に特許庁と科学技術庁(文部科学省)が産業財産権制度の普及と啓発を図ることが目的とし、この日を「発明の日」として制定しています。

「発明の日」で行っている活動

特許制度は、多くの発明家たちの創作意欲をかき立ています。そして、それらの様々な発明は、我々の活動を助け、快適にしてきました。そこで特許庁は、1985年4月18日に専売特許条例の公布100周年を記念し、日本での歴史的な発明家10名を選定し、その功績を紹介したそうです。

特許法

特許法

特許法でいう発明とは「自然法則を利用した技術的思想創作のうち高度のもの」とされています。そして、その目的を分かりやすくいうと「産業の発達(に寄与すること)」なのだそうです。また、その「産業の発達」のために発明の保護と利用を図ることです。

発明の積み重ねから大発明が生まれる

産業財産権制度は、時代が変化すると共に進化し、今後もどんどん進化していくでしょう。そして、エジソンが発明した世界初の映写機「キネトスコープ」などのような、古い発明も現代風にアレンジすれば大発明に繋がるものがあるはずです。私達もこの「発明の日」をきっかけに、過去の色々な発明をもとに大発明を考えてみましょう!

なすび記念日

4月17日はなすび記念日です

なすび記念日

冬春なすの主産である「高知園芸連」「全農ふくれん」「熊本経済連」「全農岡山」「佐賀経済連」「全農徳島」の6県で構成される「冬春なす主産県協議会」がこの日をなす記念日として制定しました。この日付は、「よ→4 い→1 な→7 す」という読む語呂合わせ、そしてもう1つは、なすびが好物だったといわれる徳川家康の命日にちなんだそうです。

なすとなすび

取れたてなすび

「なす」は紫色をした野菜ですが、特に昔から秋ナスは、とても美味しいといわれています。調理法では、「焼きなす」や「煮びたし」など。また、夏野菜の一つでもあり、トマトやピーマンと一緒に夏野菜カレーに使用されることも多いようです。呼び方は、「なす」と「なすび」の2つあり、大まかに分けると「なす」は主に東日本で、「なすび」は西日本で呼ばれています。

「なす」に含まれる主な栄養と効用は?

なすの栄養

なすの紫紺色は、「ナスニン」と呼ばれているポリフェノールの一種、アントシアン系の色素です。それは強い抗酸化力があり、ガンや生活習慣病の原因となる活性酸素を抑える力が強くて、さらにはコレステロールの吸収を抑える作用もあるとか。

「秋ナスは嫁に食わすな」!?

なすの料理

昔から「秋ナスは嫁に食わすな」という言葉がありますが、このこの言葉の意味は、嫁に食わすには勿体ないほど美味しいということの他に、ナスには身体を冷やす効果があり、嫁を心配した上で、身体を冷やさないように食べさせるなという意味でもあるそうです。そういう理由から、暑い時期に食べられる夏野菜にも加わっているんですね。

ボーイズ・ビー・アンビシャスデー

4月16日はボーイズ・ビー・アンビシャスデーです

ボーイズ・ビー・アンビシャスの日

1877年の4月16日、札幌農学校(現在の北海道大学農学部)の基礎を築いた教頭のクラーク博士(1826~1886年)が、有名な名言「ボーイズ・ビー・アンビシャス(少年よ、大志を抱け)」という言葉を残し、アメリカに帰国しています。

ウィリアム・スミス・クラーク

ウィリアム・スミス・クラーク

クラーク博士は、1876年7月に北海道開拓使長官黒田清隆によって、将来の北海道開拓の指導者養成のため「札幌農学校」の初代教頭として招かれています。1期生16名の生徒に動物や植物学、キリスト教の教えによる道徳を英語で教えるなど行い、それが大きな影響を与えています。

青年よ、大志を抱け

青年よ、大志を抱け!

北海道に来てわずか8カ月ほどの札幌滞在でしたが、翌年の4月16日にクラーク博士は、教え子たちと島松(北広島市)より、馬上からあの有名な名言「ボーイズ・ビー・アンビシャス(青年よ、大志を抱け)」と叫んでいます。その事が、北海道開拓精神を代表する言葉として、今に伝えられてきました。

名言を発した意味は

クラーク博士は、生徒たち一人一人の顔を覗き、自分を老人と表現して親しみを込め、発したこの言葉の意味については、諸説あるそうです。しかし博士が目指した、また学生たちが受け継いだものは明確でだったといいます。その後も学生たちが精神を引き継ぎ、様々な分野で影響を残しています。

「内村鑑三」と「新渡戸稲造」

新渡戸稲造の言葉

さらには、博士から直接学べなかった2期生の「内村鑑三」や「新渡戸稲造」などもまた、多くの若者と同様にその精神を受け継がれていっています。実際には、どのような教育を受けていたのかは不明ですが、現在でもこの人物の存在と名言がこうして残っているのは、その時多くの若者たちに対して心に響かせたからでしょうね。

良いコラーゲンの日

4月15日は良いコラーゲンの日です

良いコラーゲンの日

4月15日は、「美しい生活文化」創造のため、化粧品事業やヘルスケア事業などを展開している資生堂ジャパン株式会社が記念日として制定しています。この日付は、「よ→4 い→1 コ→5 ラーゲン」という語呂合わせから決定されました。この記念日の目的は、美しさを保つために良質なコラーゲンを保ってもらうことです。

コラーゲン

コラーゲンたっぷりフカヒレ

コラーゲンは、タンパク質の一種であり、体内に存在する成分であるとともに、体中の各部分に組織の中で存在しており、その量は全体重の約1/15を占めているそうです。また、私たち人間は60兆個という数の細胞からでできていますが、「コラーゲン」はその細胞と細胞の間にある細胞外マトリックスに存在しています。そして、その役割として細胞の粒を繋げて組織を形作り、それぞれの活動を維持しています。

細胞外マトリックス

「生命の基本単位は細胞である」といわれていますが、実際には細胞だけでは生存できません。それは、細胞が生存するために快適に過ごせるスペースが必要だからです。つまり、「細胞外マトリックス」というのは、簡単にいうと生体組織、細胞以外の周りを壁で囲う居住スペース的な部分を表すことになります。

コラーゲンが豊富な食べ物

手羽先

コラーゲンを豊富に含む食品は、2つに分けて「動物性食品」と「海洋性食品」があります。

動物性食品

「豚モツ」「豚バラ肉」「鶏の皮、手羽先、軟骨」「牛スジ」

海洋性食品

スッポン料理

「スッポン」「フカヒレ」「うなぎ」「なまこ」「カレイ」「エビ」「くらげ」

これらの食品が代表的なものであり、特に「豚足や手羽先」を煮たもの、「フカヒレ」や「スッポン」等は、コラーゲンを大量に摂取できるということで、女性にとても人気です。

効果的にコラーゲンを摂取

もつ鍋

タンパク質の1つのコラーゲンは、一旦体内でアミノ酸に分解されてから吸収します。それから皮膚や関節に届くといわれています。そして、コラーゲンは「ビタミンC」と共に摂取れば、吸収率が高まるといわれます。こうすることで肌や骨、関節などの健康維持が期待できるといわれます。とにかく、必要な栄養だからってそればかりを食べても逆効果になるので、バランスの摂れた栄養摂取するなど、常に力を発揮できるパートナーと一緒に食べることを心がけましょう!

タイタニック号の日

4月14日はタイタニック号の日です

タイタニック号の日

1912年4月14日、初航海中のイギリス大型客船「タイタニック号」が、北大西洋ニューファントランド沖の氷山に激突。その翌日未明にかけて沈没したとのことです。タイタニック号は、イギリス・サザンプトン港からニューヨークに向け出発して4月10日から4日後に沈没しました。また、沈没までの時間はわずか2時間40分だったそうです。

タイタニック号

タイタニック号沈没直前の映像

1909年3月31日、アメリカのホワイトスターライン社が、世界最大級の大きさと豪華さ持った客船を目指して製作されたそうです。そして、この製作には3年の月日が経て、ようやく完成します。タイタニック号は全長269m×高さ約50mで、当時としては、世界一大きな豪華客船として話題になったそうです。1912年4月1日には初運転を開始しますが、1912年4月14日に氷山衝突事故に遭遇し、これが今も伝えられるタイタニック号最後の航海となっています。

沈没後のタイタニック

海底で眠るタイタニック号

1517人が犠牲となったタイタニック号は、ニューヨークへ向かう初の航海中、ニューファンドランド島沖合の約650km地点で氷山に衝突し、沈没してしまいました。そしてその後、船の残骸は70年以上そのまま放置されていたが、1985年9月1日に冷戦中の極秘ミッションだった任務により、アメリカ海軍が発見します。それ以来、多くの潜水艦が海底に沈んだタイタニック号を調査に訪れています。

船の残骸を撮影

潜水艇メーカー、トライトン・サブマリーンズ社による5回の調査で、船の残骸を撮影しています。タイタニック号に人間が訪れたのは、その時が14年ぶりのこと。トライトン・サブマリーンズ社長の共同創設者「パトリック・レイ」氏は、「あらゆるものと同様に、タイタニック号は最終的には完全に消滅する。船が完全になくなるまでに時間がかかるが、船体の腐敗は予想された通りで、自然な経過だ」と、語っています。色々と伝説や疑惑があろうとも、形あるものは朽ち果てて無くなり、感動したドラマはいつまでも人々の心の中に残り、伝えられてゆくものでしょうね。