良いコラーゲンの日

4月15日は良いコラーゲンの日です

良いコラーゲンの日

4月15日は、「美しい生活文化」創造のため、化粧品事業やヘルスケア事業などを展開している資生堂ジャパン株式会社が記念日として制定しています。この日付は、「よ→4 い→1 コ→5 ラーゲン」という語呂合わせから決定されました。この記念日の目的は、美しさを保つために良質なコラーゲンを保ってもらうことです。

コラーゲン

コラーゲンたっぷりフカヒレ

コラーゲンは、タンパク質の一種であり、体内に存在する成分であるとともに、体中の各部分に組織の中で存在しており、その量は全体重の約1/15を占めているそうです。また、私たち人間は60兆個という数の細胞からでできていますが、「コラーゲン」はその細胞と細胞の間にある細胞外マトリックスに存在しています。そして、その役割として細胞の粒を繋げて組織を形作り、それぞれの活動を維持しています。

細胞外マトリックス

「生命の基本単位は細胞である」といわれていますが、実際には細胞だけでは生存できません。それは、細胞が生存するために快適に過ごせるスペースが必要だからです。つまり、「細胞外マトリックス」というのは、簡単にいうと生体組織、細胞以外の周りを壁で囲う居住スペース的な部分を表すことになります。

コラーゲンが豊富な食べ物

手羽先

コラーゲンを豊富に含む食品は、2つに分けて「動物性食品」と「海洋性食品」があります。

動物性食品

「豚モツ」「豚バラ肉」「鶏の皮、手羽先、軟骨」「牛スジ」

海洋性食品

スッポン料理

「スッポン」「フカヒレ」「うなぎ」「なまこ」「カレイ」「エビ」「くらげ」

これらの食品が代表的なものであり、特に「豚足や手羽先」を煮たもの、「フカヒレ」や「スッポン」等は、コラーゲンを大量に摂取できるということで、女性にとても人気です。

効果的にコラーゲンを摂取

もつ鍋

タンパク質の1つのコラーゲンは、一旦体内でアミノ酸に分解されてから吸収します。それから皮膚や関節に届くといわれています。そして、コラーゲンは「ビタミンC」と共に摂取れば、吸収率が高まるといわれます。こうすることで肌や骨、関節などの健康維持が期待できるといわれます。とにかく、必要な栄養だからってそればかりを食べても逆効果になるので、バランスの摂れた栄養摂取するなど、常に力を発揮できるパートナーと一緒に食べることを心がけましょう!