なすび記念日

4月17日はなすび記念日です

なすび記念日

冬春なすの主産である「高知園芸連」「全農ふくれん」「熊本経済連」「全農岡山」「佐賀経済連」「全農徳島」の6県で構成される「冬春なす主産県協議会」がこの日をなす記念日として制定しました。この日付は、「よ→4 い→1 な→7 す」という読む語呂合わせ、そしてもう1つは、なすびが好物だったといわれる徳川家康の命日にちなんだそうです。

なすとなすび

取れたてなすび

「なす」は紫色をした野菜ですが、特に昔から秋ナスは、とても美味しいといわれています。調理法では、「焼きなす」や「煮びたし」など。また、夏野菜の一つでもあり、トマトやピーマンと一緒に夏野菜カレーに使用されることも多いようです。呼び方は、「なす」と「なすび」の2つあり、大まかに分けると「なす」は主に東日本で、「なすび」は西日本で呼ばれています。

「なす」に含まれる主な栄養と効用は?

なすの栄養

なすの紫紺色は、「ナスニン」と呼ばれているポリフェノールの一種、アントシアン系の色素です。それは強い抗酸化力があり、ガンや生活習慣病の原因となる活性酸素を抑える力が強くて、さらにはコレステロールの吸収を抑える作用もあるとか。

「秋ナスは嫁に食わすな」!?

なすの料理

昔から「秋ナスは嫁に食わすな」という言葉がありますが、このこの言葉の意味は、嫁に食わすには勿体ないほど美味しいということの他に、ナスには身体を冷やす効果があり、嫁を心配した上で、身体を冷やさないように食べさせるなという意味でもあるそうです。そういう理由から、暑い時期に食べられる夏野菜にも加わっているんですね。

ボーイズ・ビー・アンビシャスデー

4月16日はボーイズ・ビー・アンビシャスデーです

ボーイズ・ビー・アンビシャスの日

1877年の4月16日、札幌農学校(現在の北海道大学農学部)の基礎を築いた教頭のクラーク博士(1826~1886年)が、有名な名言「ボーイズ・ビー・アンビシャス(少年よ、大志を抱け)」という言葉を残し、アメリカに帰国しています。

ウィリアム・スミス・クラーク

ウィリアム・スミス・クラーク

クラーク博士は、1876年7月に北海道開拓使長官黒田清隆によって、将来の北海道開拓の指導者養成のため「札幌農学校」の初代教頭として招かれています。1期生16名の生徒に動物や植物学、キリスト教の教えによる道徳を英語で教えるなど行い、それが大きな影響を与えています。

青年よ、大志を抱け

青年よ、大志を抱け!

北海道に来てわずか8カ月ほどの札幌滞在でしたが、翌年の4月16日にクラーク博士は、教え子たちと島松(北広島市)より、馬上からあの有名な名言「ボーイズ・ビー・アンビシャス(青年よ、大志を抱け)」と叫んでいます。その事が、北海道開拓精神を代表する言葉として、今に伝えられてきました。

名言を発した意味は

クラーク博士は、生徒たち一人一人の顔を覗き、自分を老人と表現して親しみを込め、発したこの言葉の意味については、諸説あるそうです。しかし博士が目指した、また学生たちが受け継いだものは明確でだったといいます。その後も学生たちが精神を引き継ぎ、様々な分野で影響を残しています。

「内村鑑三」と「新渡戸稲造」

新渡戸稲造の言葉

さらには、博士から直接学べなかった2期生の「内村鑑三」や「新渡戸稲造」などもまた、多くの若者と同様にその精神を受け継がれていっています。実際には、どのような教育を受けていたのかは不明ですが、現在でもこの人物の存在と名言がこうして残っているのは、その時多くの若者たちに対して心に響かせたからでしょうね。