スポーツの日

7月23日はスポーツの日です

スポーツの日

元々は、1964年10月10日に東京オリンピックの開会式を記念して、1966年に国民の祝日「体育の日」として10月10日に制定されていました。それを祝日法の改正で「ハッピーマンデー制度」が適用、2000年から「体育の日」は10月の第2月曜日になり、2020年では東京オリンピックの開会式が予定されていた7月24日に日付が変更され、「スポーツの日」に呼び名も変更されました。しかし、今回の2020年の東京五輪は、新型コロナウイルスの世界的流行を受けて、開催が延期され、今年の2021年7月23日にオリンピック開催日に合わせて祝日「スポーツの日」になったということです。

「スポーツの日」の趣旨

本来は10月の第2月曜日であり、「スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培(つちか)うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う」という趣旨とした国民の祝日です。1966年「国民の祝日に関する法律」の改正により「建国記念の日」、「敬老の日」とともに「体育の日」として追加制定されています。これが制定される前は、10月の第1土曜日が「スポーツの日」だったのですが、冒頭で紹介した1964年の東京オリンピック大会開会式を記念した10月10日が「体育の日」となりました。しかし、その後の法改正で2000年から10月の第2月曜日に変更され、さらに2020年には再び「スポーツの日」と名称を変えています。この日は各地で、体力検定や地域の運動会など関係行事が行われています。

「スポーツの日」の移動、なぜ?

2021年に開催される東京オリンピックとパラリンピックのために、政府は祝日「海の日」「スポーツの日」「山の日」を変更しています。その理由は、開催期間中のアスリートや観客等の円滑な輸送、経済活動や市民生活の共存を図るためだそうです。そこで今回、オリンピック開会式の7月23日前後を4連休、オリンピック閉会式の8月8日前後を3連休としています。こうすることによって、東京中心部の混雑緩和が見込まれるとみています。

「スポーツの日」、東京2020オリンピック開会式

いよいよ2021年の今日、2020年7月24日の「スポーツの日」から延期されたオリンピックの開会式が行われます。実際は、もうすでに試合が始まっている種目がありますが。ここまで来るのに新型コロナウイルスの感染拡大を懸念して、中止にするか延期にするか、さらには女性蔑視発言などの問題がありました。そして今日、ようやく無観客ではありますが開会式が行われるようになったようです。本来の目的であった「復興五輪」、2020年東京オリンピック・パラリンピックの理念の一つとして、大会招致の時からの目標が達成できるように、我々は陰ながら応援したいと思います。