イタリア料理の日

9月17日はイタリア料理の日です

イタリア料理の日

東京都渋谷に事務局があり、イタリア料理のシェフを中心に活動している「日本イタリア料理協会(ACCI)」が制定しています。この日に決まったのは、料理をイタリア語で「クチーナ」(cucina)「ク→9 チー→1 ナ→7」という語呂合わせからだそうです。

イタリアの食文化

イタリアの食文化

イタリア料理と聞いてほとんどの方は、ピザやパスタを連想するでしょう。もちろんイタリアでも食べますが、ピザやパスタは日本人が勝手にイメージしているだけです。実際にイタリア料理を提供する店は現地では少ないそうです。イタリアの細長い地形で四季が各々異なることから、土地ごとに採れる食材などを生かす調理法も変化してきます。

イタリアは地域で食材と調理が違う

イタリア料理の食材

イタリアは南北に縦に長くて、「一年中温かな海洋気候」「冬はとても寒く夏も涼しい山岳気候」「丘陵・平野気候」という3つの全く異なる気候が組み合わさっています。こんな変化に富んだ気候風土によって、多彩な食材と独特の調理法が生まれました。そして、各地域でしかない郷土の料理をたくさん生まれたということです。

イタリアにイタリア料理は無い!?

イタリア料理のビザ

イタリア料理といえば、ピザやパスタ、ティラミスなど、我々が勝手にイメージしていますが、その料理の大半は、郷土料理の一部に過ぎなく、日本と同じように様々な料理があるということです。

日本ではパスタとピザは若者の定番

フィレンツェプライベートガイドから

パスタやピザは、今や日本人の若者が気軽にたべられる定番ランチなりうる料理です。しかし、これを機にイタリア人が好む本格的なイタリア料理を楽しむというのも有りなのではないでしょうか!

本場イタリアで絶対これは食べるべし!本格イタリア料理のすすめ

「日本のイタリア料理と本場ではこんなに違う!?」

フィレンツェプライベートガイドから引用

「イタリア料理の日」に関するツイート集

https://twitter.com/4JqwnQsI6kvWLro/status/1438137159504957442?s=20