オートフォーカスカメラの日

11月30日はオートフォーカスカメラの日

オートフォーカスの日

1977年のこの日は、コニカ(小西六こにしろく写真工業)が世界初の自動焦点(オートフォーカス)カメラ「コニカC35AF」を発売しています。オートフォーカスは、撮影済みフィルムの失敗要因で36%がピンぼけということを解消するのが目的で生まれました。

オートフォーカス

オートフォーカスとは?

オートフォーカスとは、ピントを被写体に自動的に合わせるカメラ機能のことです。現在では一般的なデジタルカメラでは殆ど標準装備しています。この機能は、機種によっても様々あり、撮影のシーンや被写体によって使い分けが必要です。

コニカC35AF

コニカC35AF

コニカC35AF」は、『ジャスピンコニカ』という愛称で、誰が撮ってもピンぼけ無しで撮れるため、それまでカメラを扱わなかった女性や中高年層の市場を新たに開拓しました。そこからこのコニカカメラは、2年間で100万台を売り出し大ヒットしました。

コニカ「小西六写真工業」

小西六写真工業

小西六写真工業」の「六」は、1873年に東京の麹町で創業の店が名前である『小西屋六兵衛店』からきているとされています。米穀商からの商い「小西屋」は、東京で有数の大商店でした。6代目の六右衛門は、25歳の時に写真館の撮影した写真に感動して、それがきっかけに写真材料の取り扱いを始めています。その後は、元々の家業から独立し、日本橋に写真材料と薬種の取扱店である「小西本店」を開業しました。

綺麗な写真が簡単に

簡単に綺麗な写真が撮れる

一昔前は、カメラの絞り機能で微調整をしながら撮っていました。またこれが、人の技量が問われるなどで大変だったのです。しかし今では、スマホなどでもできる「人差し指で当てるだけ」の操作でプロ並みの画像が撮れます。最近はすでに、オートフォーカスという言葉さえも忘れかけるほど当たり前の機能になってしまったようです。

「オートフォーカスカメラの日」に関するツイート集