バリアフリー・個室風呂ありの温泉宿

バリアフリー 温泉

旅行は、普段のストレス生活から解放され何もかも忘れて発散できます。当然、障がい者にとっても同じことがいえます。身体に障がいがあっても、人目を気にせず安心して宿泊できるようなホテルや宿を求めているはずです。

障がい者が旅行をためらう理由

バリアフリー施設

大抵の障がい者は、レジャーや仕事など人に迷惑をかけたくないため、できるだけ家でおとなしくしておこうと思うでしょう。しかし、それでは人とのコミュニケーションがなくなり、人間としての成長もなくなります。それを無くすためにも旅行先で健常者と同じように楽しめるバリアフリーなホテルやレジャー施設が頼りになるわけです。

障がい者が求めること

車椅子で温泉

身体に障がいがあると、旅行先のホテルなどが「障がい者に優しい接客」や「部屋がバリアフリー」であることを真っ先にチェックします。当然、ホテルの目玉となるお風呂や温泉も入りたいはずですが、この部分だけはかなり限られてしまいます。その限られたことに対応したホテルをいくつか紹介します。

障害者のホテル選びのカギは?

自分で施設選び

改めて、身体障害者が楽しめるホテル選びのカギは何かというと、バリアフリーは今やほとんどホテルが標準になっていますが、風呂の手すりや個室でも車椅子の移動しやすいようになっているかです。旅先で失敗しないように、TELやメールで確認しておくのも快適な旅にするカギになると思います。