コロナに便乗した詐欺手口を知る

弱みにつけこんで追い討ちをかける詐欺

これまで不況や災害など、人々が先行き不安な心境の時に必ずと言っていいほど詐欺被害が急増しますよね。今回のコロナショックもまさにその状況です。人々が、不安を抱えている時に悪魔のように追い討ちをかけるのが詐欺の特徴でもあります。

全国各地の自治体より様々な注意喚起!

全国各地の自治体が公開しているコロナ便乗詐欺の注意喚起を元にどういった詐欺、対処法を学んでみましょう。

東京都は練馬区の場合

給付金に便乗した詐欺

今回の特別給付金等に便乗し、個人情報を聞き出す事が目的で、不審な電話やメールが急増。また、他のケースで、厚生労働省や保健所を装い「マスク2枚とPCR検査キットを郵送する。」、「PCR検査費用を肩代わりするので検査を受けるように。」などとそれらしい事を伝え、家族構成などの個人情報を聞き出してくる手口があるそうです。

自治体の偽Webサイト

自治体の公式サイトに見せかけた偽サイトが発見された事例が多数確認されているそうです。特に、新型コロナ関連の注意喚起情報が掲載されているサイトがターゲットになっている傾向だそうです。
練馬区公式ページの偽サイトによる被害は現在のところ確認は無いとのことですが、各自治体の公式サイトにアクセスする場合は「ドメインが正規のものか確認する」事が大切です。くれぐれも、不審なサイトには注意!

新型コロナウイルス感染症に関連した詐欺・偽サイトなどにご注意ください

練馬区公式サイト

大阪府は富田林市の場合

息子を装ったオレオレ詐欺

新型コロナによる肺炎の感染拡大に便乗し、息子になりすました詐欺から「コロナウイルスにかかった可能性があるから、明日病院で受診後に電話する」というような悪質詐欺と思われる電話が府内で発生しているそうです。もし、金銭の要求があったら、オレオレ詐欺等の可能性が十分にあります。この時の対処法として、「一度電話を切り、必ずご家族や警察署に連絡する。」という作業が財産と身を守る事に繋がります。

新型コロナウイルスに関連した詐欺等にご注意ください

富田林市の公式サイト

慌てず、まずは確認を!

人は誰しも状況が切迫すれば、心理状態普通じゃ無くなり、冷静さを失います。そこを狙ってお金儲けをしようと詐欺行為を仕掛けてきます。まずは慌てず冷静になり、警察や身内に自ら連絡し、状況確認する事で詐欺の被害を防ぐ事が可能です。

悪質な詐欺や転売から財産と身を守る

人の弱いところに容赦なくつけこんでくる悪徳詐欺もマスクや消毒液をいち早く買い占め高値で売りさばく転売行為もこれと同じタイプの人間でしょうね!こんな詐欺に負けないようにいち早く手口を把握して、大切な財産や身を守り抜きましょうね👊✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です