新型コロナ感染拡大でSNSの重要性が明確化!?

接触しなければ、気持ちは伝わらない!?

数ヶ月前まで、現場に行かなければ本音の付き合いや営業はできないと言われてきました。しかし、この新型コロナの感染拡大による自粛生活で変わりはじめているようです。

SNSを利用する人が増えると共に変化

現在、SNSを使用している人は、2013年から2020年まで右肩上がりに増えています。若い方はもちろん、40~50歳代迄の方迄も使い始めている状況です。まさに現場は、ネットワーク上とと言えますね。

コロナ禍で、明暗が分かれた!?

少し前までは、「働き方改革」が話題になっても、大抵の人は、「現場を知らない癖に。」とあまり気にしていなかった事だと思います。しかし今回、多くの企業でテレワークや宅配を政府が認め、大幅に導入され、在宅勤務でもそれなりにこなせる仕事があることに誰もが気づいていきました。それによってSNSをやっていた方々もそれを利用し、工夫する事で生き残りるために動き始めました。

将来のネットワーク環境

ネットワークのこれからは、通信速度が速くなることにより、その重要な基盤となり、「コミュニケーション」のあり方を変化、更に進化させ、新たなビジネスに貢献すると期待されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です