決闘の日

4月13日は決闘の日です

決闘の日

1612年この日、美作の浪人の宮本武蔵と細川家指南役の佐々木小次郎のあの有名な、現在の下関市彦島から約400m沖の関門海峡内にある小島「巌流島の決闘」が行われた日です。

巌流島

巌流島行の船

巌流島は、山口県下関市の「檀ノ浦の戦い」があった関門海峡のある無人島で、海岸からわずか250m程度の距離であります。また巌流島の公園には、宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘の像や記念碑が建立されています。他にも、海岸も散策できるよう整備されていて、現在では下関の観光名所となっています。

巌流島の本当の名称は「船島」

巌流島(船島)

巌流島は、山口県下関市にある関門海峡に浮かぶ島ですが、巌流島という呼び名は、地元人達が呼んでいる通称であり、正式名称は「船島」と呼ばれる島です。決闘の当日、約束の時間に遅れて島に着き、武蔵は船の櫓を削って作った長い木剣で小次郎を倒したというのは有名です。その敗者である「巌流」の使い手、佐々木小次郎の名がこの島に残されて「巌流島」と呼ばれるようになったといわれています。

宮本武蔵と佐々木小次郎

巌流島の決闘

宮本武蔵は、「五輪書」によると1584年に播磨で生まれたとのこと。そして諸国を回り、厳しい修行を積んだそうです。六十もの他流試合をし、一度も負け無しで小倉に来ています。その巌流島の決闘の時、年齢が28歳くらいだったそうです。佐々木小次郎は、史料はあまりありませんが、「吉川英治」は岩国生まれで対決時は18歳の美少年として描かれています。近年の調査で佐々木小次郎は、小倉藩豊前の国で生まれたという説が新たにあがったそうです。

佐々木小次郎の正体は?

佐々木小次郎像

佐々木小次郎は、岩石城(福岡県田川郡添田町)を拠点とした土豪の佐々木氏の一族であり、彦山の山伏から兵法を学んで岩石城から「巌流」と名乗ったいわれているそうです。佐々木小次郎は、その剣術のお陰もあり小倉藩の剣術指南になっていたといわれます。「二天記」では、小次郎も一度も負けたことがなく、地元のヒーローだったと伝えられています。宮本武蔵が主人公の映画など物語が多く、佐々木小次郎は、むしろ悪役としての存在でしかなようです。これも人格や偉業などの史料がほとんど残ってないのも理由の一つだと思います。しかし、これだけ語り継がれるほどの対決なのだからきっと、2人とも素晴らしい剣士だったのでしょう。

 

世界宇宙旅行の日

4月12日は世界宇宙旅行の日です

世界宇宙旅行の日

1961年の4月12日、世界初有人宇宙衛星船のソビエト連邦ヴォストーク1号が打ち上げられた日です。このニュースは、全人類が歴史的な快挙でもあり、宇宙探査への道を開いた日でもあります。この時、人類で初めて宇宙に飛び立った「ユーリ・ガガーリン」の有名な名言、『地球は青かった』は世界的に話となりました。

ユーリ・ガガーリン

ユーリ・ガガーリン

1961年4月12日に、人類初の宇宙飛行をしたのはソ連のユーリ・ガガーリンであり、そのロケットは、ボストーク1号でした。その時に「地球は青かった」という有名な言葉を発しています。そして、このことを記念して、この日を「ユーリーズ・ナイト」と呼び、世界各地で宇宙に関係するイベントが行われているようです。

小柄だった、ガガーリン

世界で初の宇宙旅行

世界初の宇宙旅行を達成したロシアの軍人ガーリンは、身長は低い方で160cmほどしかなかったそうです。しかしながら、このことが世界初の宇宙飛行士へと選ばれた理由でもありました。当時のロケットがそれほど小さかったということになります。

ガガーリン、地球へ帰還

ガガーリンは、帰還時に大気圏外へでて地球を回っています。当時の報道は、飛行船で着陸したとありますが、本当は高度7000mからパラシュートで降りたそうです。さらに後から判明したその理由は、当時だと高度7000mからパラシュートで降りるのは、トラブルとしてみなされ、失敗したというイメージが広がるからだといわれています。

「地球は青かった」

地球は青かった

ガガーリンは、「地球は青かった」という言葉を発したのはあまりにも有名です。しかし、実際は「空は非常に暗かった。一方、地球は青みがかっていた」という言葉だったいいます。また、この時に「神はいなかった」という発言もあったそうです。

夢が広がる宇宙開発

宇宙開発の未来図

ちなみに、日本人が初めて宇宙旅行した12月2日は記念日になっています。1990年12月2日、民間テレビ局の社員の「秋山 豊寛」記者を乗せたソ連のソユーズTM11号による宇宙飛行でした。こうして、日本人も宇宙開発に参加してSF映画のような世界が現実化しています。この事が形として現れるのはまだまだ先の事で、自分もとっくに亡くなっていると思いますが、未来を想像することもまた、希望でもあり、楽しみでもあります。

メートル法公布記念日

4月11日はメートル法公布記念日です

メートル法公布記念日

1921年4月11日は、「メートル法」採用を法制定した改正後の「度量衡法」が公布された日です。それまで使用されていた「尺貫法」で、長さの単位→「尺」、質量の単位→「貫」を基準とする単位などから、長さの単位を「メートル」、質量の単位を「キログラム」を基準とした「メートル法」に一本化することになりました。

度量衡法(どりょうこうほう)

度量衡法

日本では、1875年の度量衡取締条例によって、近代国家としての度量衡統一後に91年、度量衡法が制定されました。まだその当時は,メートル法を基礎にした尺貫法が定められていたそうです。その後は、施行を1893年、そして度量衡法を1909年および1921年に改正。1921年の法改正は、メートル法への統一が目的としています。その公布の日の「4月11日」が後の度量衡記念日またはメートル記念日になったといわれています。

尺貫法

尺貫法

尺貫法は、長さや面積などに使用される単位です。 長さの単位を「尺」とし、質量の単位を「貫」とします。そして、体積の単位を「升」といわれる日本が昔から使われていた度量衡法です。 その後メートル条約(度量衡の国際的な統一を目的に、1875年5月20日成立のメートル法に関する条約)加入して1891年には、メートル法を基準とした「尺・坪(面積)・升・貫」を定義しています。以来1958年までメートル法と併用されていました。

未だに尺貫法の名残が

現在も残る尺貫法

現在では、学校など正式な単位としてメートル法が使用されていますが、日本古来の伝統技術では未だに尺貫法が使われています。さらには、不動産屋で土地を買う際にも坪が、昔ながらの洋服屋やさんでも寸法を測る時に使われています。しかし、今まで私はこの事に疑問を感じなかったのも逆に不思議です。やはり、日本の伝統を守りたいという、日本人としての意識が心の中に潜んでいるからですかね。

よいトマトの日

4月10日はよいトマトの日です

よいトマトの日

「よいトマトの日」は、トマトケチャップなどトマト調味料や飲料とその他、食品などの製造販売を行うカゴメ株式会社が制定しました。この日付は、「よい→4 トマト→10」という語呂合わせから決まりました。

トマトの旬は!?

トマトの旬は?

トマトは、日本での旬の時期は夏であり、6月~8月です。しかし、トマトというものはは高温多湿に向いていないこともあり、真夏のトマトは味はあまり美味しいとはいえません。最も旬で美味しいといえるの時期は、春から初夏掛けての時期と秋だそうです。この時期は、日光をたくさん浴びて、比較的乾燥した気候であるためにトマトは糖度が増し、栄養価も最も高くなるといわれています。

トマトは健康的な野菜の代表格

トマトは健康的な食べ物

ヨーロッパで「トマトが赤くなると医者が青くなる」という諺があります。そのトマトには、「カロテン」や「リコピン」などの抗酸化作用がある栄養素が豊富に含まれていて、一般的に健康的な野菜として知られています。あるアンケートによれば、医師が健康のため積極的に摂取している食品の1位はトマトだったそうです。ちなみに2位は、ヨーグルトで3位は納豆だったそうです。

世界ではトマトをソースとしても使用

日本では、主に生でサラダとして食べる人が多いですが、ヨーロッパなどではうま味成分「グルタミン酸」を含むトマトをダシとしても使用されることも多いようです。またイタリアやギリシャでは、ソースに加工してから使用する場合が多いのも事実です。

トマトソースは万能ソース

トマトソース

トマトソースは、野菜や魚、パスタや肉に相性が良く、料理の幅が広がる便利なソースです。イタリアのシチリア地方では、家庭料理の前菜である野菜を炒め、トマトでじっくり煮込んだ「カポナータ」が定番です。温かいうちはもちろん美味しいですが、冷めても野菜に味がしっかり染み込んでいて、それもまた美味しいそうです。栄養が豊富で美味しい、最高ですよね!

フォークソングの日

4月9日はフォークソングの日です

フォークソングの日

日本が誇るフォークソングなど、ニューミュージック界を代表する名曲を世に出してきた日本クラウン株式会社、ポップス系の「レコードレーベル」が制定しました。この日付は「フォー→(four)4 ク→9」という語呂合わせから決定しました。

フォークソング

フォークソングとは

フォークソングというものは、時代の流行を先取りした音楽と言っても間違いはないでしょう。しかし、大スターのようにいきなり華やかなステージで歌ったり、演奏する人達とは正反対で路上で歌を披露し、そして全て手作りの音楽。自身で歌を作り、手渡しの音楽だから、現在のネットやテレビ配信とは対極にある音楽だったのです。テレビから流れてくるCMソング、一発屋のごとく使い捨てにされる音楽しか知らない今の若者に知って欲しいジャンルでもあります。 

真のフォークソング

フォークソングは、「人びとにした親しまれる音楽」と呼ぶべきもので、「民謡」に近いものといわれています。無名の民衆から歌が生まれ、歌い上げてそれを歌い継がれていく「人々の心の声」は、商業主義とも無縁であり、真のフォークソングというのがこれです。

レーベルとは何?

レーベルとは

レーベルとは、アーティストを所属させ、レコードやCDを作る組織です。しかし、事務所とレーベルは違います。事務所とどこが違うのかというと、主な仕事がアーティストのマネージメントです。例えば、SMAPや嵐は「ジャニーズ事務所」で、レーベルは「ビクターエンタテインメント」という感じです。事務所がアーティストの仕事を探し、レーベルがCDやレコードを作るということになります。

「ひねり」がないのもフォークソング

昔の歌は、分かりやすく口ずさみやすいというものです。それに対し、現在の流行り歌はメロディーこそノリの良いものが多いですが、歌詞は、ターゲットがピンポイントであり、全ての人は共感できないことがあります。フォークソングはどうかというと、心の叫びを歌にしたものが多いですよね。心の叫びだから「ひねり」は必要なく、長い人生の中で誰でも共感できる状況になる可能性を秘めている。そこがこのフォークソングの魅力ではないでしょうか!

忠犬ハチ公の日

4月8日は忠犬ハチ公の日です

忠犬ハチ公の日

ハチ公の命日は3月8日ですが、その1ヵ月後の4月8日をハチ公の日としました。ハチ公が生まれたのは、1923年であり、犬種は秋田犬。その翌の1924年に東大農学部「上野英三郎博士」に飼われはじめました。博士の生前は、渋谷駅まで博士の送り迎えをしており、1925年に博士が急死した後も引き続き、毎日駅前で「博士」の帰りを待ち続けたといいます。ちなみにこの日は、秋田犬群像維持会が制定しています。

忠犬ハチ公

ハチ公と上野英三郎さん

ハチ公が上野家にやってくると、上野博士が東大へ出勤するのをお供をして渋谷駅まで送り迎えするのが日課だったといいます。しかし、上野博士が脳溢血で急死すると、ハチ公と博士との生活はわずか1年ほどで終わりました。

亡くなっても、ずっと待ち続けました

秋田犬

博士の亡くなった後も、夜になると8キロ離れた渋谷方面に走って行くハチの姿が見られたそうです。そんな状況が1年も続いてハチの心情を想い、顔なじみの代々木の植木職人の小林菊三郎宅に預けられることになっています。それでも、夕食を終えて小林宅から700m~800mの上野邸あたりをうろついて、その後渋谷駅の改札口の前でじっと座っていたそうです。それから暑い日、雨の日、そして雪の日もハチ公は改札口前に座り続けたといわれています。

上野英三郎博士

忠犬ハチ公と上野博士

ハチ公の飼い主である「上野英三郎博士」は、駒場にある帝国大学(現在の東京大学)の農学部の先生だったそうです。ハチ公が博士の元に来たのは、53歳の時であり八重夫人は39歳でした。上野宅には他にも養女の「つる子さん夫妻」と書生の「尾関才助さん」、女中の「おとよさん」、さらには「おせいさん」、「おとしさん」という構成で同居していたそう。その翌月には、「つる子さん夫妻」の長女久子さんが誕生しています。

上野博士は5匹の犬を飼っていた!?

秋田犬

上野博士はハチ公を含め5匹の秋田犬を飼っていたそうです。しかし、4匹はみんな1~2歳で死んでしまい、博士を悲しませていました。それらの犬達は、寝ずに吸入をかけたり、氷枕や氷嚢をかえたりしての看病だっそうです。そして、秋田犬に恵まれなかった博士がハチ公を得て、可愛がっていて間もなく次は本人が1年半で亡くなったそうです。現在では、ハチ公と共に青山墓地で、いつまでも一緒に眠っているとのことです。

人も犬も真の愛情で接すれば

この忠犬ハチ公の話を聞いて感じます。たとえ相手が人であっても、犬であっても、あくまでも利益を求めず、また見せかけではなく、心から愛情をもって接していれば何があっても通じ合う気持ちは永遠に終わることないと感じました。

プリン体と戦う記念日

4月7日はプリン体と戦う記念日です

プリン体と戦う

この記念日は、牛乳や乳製品、菓子や加工食品などを製造と販売をしている株式会社明治が制しました。この日の目的は、「プリン体と戦う乳酸菌」がキャッチコピーの「PA-3乳酸菌」使用による独自のヨーグルト「明治プロビオヨーグルトPA-3」の発売を記念したものです。

プリン体

プリン体と尿酸値

プリン体は、ビールのコマーシャルなどの影響で、悪いものと思われがちですが、実際は生物の細胞に含まれる遺伝子の成分であり、生命を維持するために重要なものです。私たち人間は日頃の食事からプリン体を摂取していますが、プリン体の8割は、体内で生成されているそうです。

過剰摂取で尿酸値が上がり痛風の恐れも

プリン体の過剰摂取

体内にあるプリン体は、細胞の代謝や増殖などに利用されます。そして、利用されずに残った一部のプリン体は、尿酸として体外へ排出されるそうです。したがって、生命活動に必要なプリン体は過剰摂取してしまい、排出しきれずに蓄積された場合に血清尿酸値が上昇し、「高尿酸血症」や「痛風発症」のリスクが高くなります。

プリン体量が少なくても毎日はNG!

晩酌

テレビ番組やコマーシャルなどで話題になっていますが、ビールや発泡酒のプリン体の量は、100mlあたりではそれほど多くなく、それを毎日飲む人が、痛風の危険度が高いといわれています。またお酒は、蒸溜酒よりも醸造酒の方が多く含まれるそうです。

乳酸菌PA-3株

乳酸菌PA-3株は、「ヌクレオシド」(塩基と糖が結合した化合物の一種)に作用し、体内に吸収されにくいプリン塩基へと分解します。この分解反応は時間に比例することが確認され、さらに取り込んだプリン体を増殖等に利用し、プリン体を添加すると、そのプリン体がない時と比べて増殖を促進します。プリン体にこれらの構造の全てが確認されたとのことです。

40歳以上が気にするガンマGDPと尿酸値

私達は、40歳過ぎると健康診断を意識し始めます。20代や30代まではほとんど異変はなく、むしろ面倒なイベントでした。しかし、それが40代半ばになると、診断結果に再検査や治療が必要などが書き込まれています。その中で私は、特に気になった結果が中性脂肪よりもガンマGDP値と尿酸値です。これって、お酒飲みがよく指摘される数値ですよね。先ほどのヨーグルトで改善されれば問題はないですが、やはり年齢を重ねると共に身体も老化していきます。そのためにも、悲しいことではありますが、お酒も徐々に減らしていくのも、長生きするためには大切だと思います。

自然療法の日

4月6日は自然療法の日です

自然療法の日

1995年4月6日、自然療法士の資格制度が始まりました。そのことから、健康維持や健康促進を目指すために身近なものを活用し、それらを取り入れることで免疫力を高めることを目的とする、自然療法に関するセミナーなどを行う愛知県名古屋市の「香りの学校LIVE」が制定しています。

自然療法とは

回復、自然治癒力

自然医療とは、分かりやすくいうと「すべての人(患者)に元々持っている自然治癒力を高めることにで、疾患を治していく」ということだそうです。それはただ単に、身体の内臓を診るということでなく、人を「体」「心」「霊性」などから構成される存在としてとらえて総合的な治療を行うということです。そしてその結果、薬剤などの影響による副作用が少なくなり、身体に負担が少ない医療が実現できるということです。

自然療法の歴史

自然療法または、自然医学ともよばれるものは、元々伝統的な治療法として19世紀のヨーロッパで広く普及し、その健康法の組合せから発展した医療体系だそうです。人は、「プライマリーケア」や「総体的な健康状態」、「病気の治療」などあらゆる方面の健康を目的とする自然療法の施術を受診します。また、アメリカの自然療法は、「自然療法医」「伝統的自然療法医」「自然療法的医療サービス」も提供する医療スタッフによって実施されています。

「プライマリーケア」

人は病気不安を感じているとき、多くの人たちは、身近に気軽に相談ができる医師や医療者の存在が必要な場合があると思います。この「プライマリ・ケア」は、分かりやすくいえば先ほどの願いを叶えてくれるような「身近にあって、何でも相談にのってくれる総合的な医療」となります。

病気は普段の食事や運動で治したい

自然療法は色々あるそうですが、WHOが認めていて科学的根拠があり、安全が担保されているものは「カイロプラクティック」と「鍼灸」、そして「漢方」の3つだけだそうです。これらは、特殊な知識と技術力がないと無理ですが、我々一般人ができる唯一できること「バランスの取れた食事適度な運動で健康を維持することしかできません。その中で自然療法の相談をしていく方法をとって行きたいです。

ヘアカットの日

4月5日はヘアカットの日です

ヘアカットの日

この前年1871年、「散髪・脱刀勝手たるべし」との『散髪脱刀令』が出されました。男性は江戸時代からの「ちょんまげ」やめ、「ざんぎり頭」にするのが奨励されてたそうです。しかし、この影響で女性も断髪をする人が続出したことから、改めて「男性に限って許可した断髪を女性が真似てはならない」とする禁止令を翌年の1872年4月5日、明治政府が「女子の断髪禁止令」を出したとのこと。

「断髪禁止令」が出された背景

女子の断髪禁止令

明治政府が出した「散髪と脱刀の許可」は、髪型の自由と、華族や士族は刀を所持しなくても良いという内容でした。しかし、男性は「ちょんまげ」を切ることにかなり抵抗があり、断髪を戸惑っていたそうです。また女性はというと、躊躇なく髪を切る光景を見て、当時の人達は、女性が髪をバッサリ切るのは如何なものかと議論になり、禁止令が改めて出されたそうです。

手入れが楽になった束髪が広まる

禁止令が出た後、髪の毛を自由に切れなくなった女性達は、しばらく日本髪にしていました。しかし、この髪は手間がかかり、髪もなかなか洗うことができなかったため、「日本婦人束髪会」なるものができ、手入れが楽になった束髪が広まっていったそうです。

禁止令から自由の時代に

自由な髪型の時代へ

「ヘアカットの日」の目的は、自由にヘアカットを行うことができる今を感謝することです。禁止令出された当時は、男女差別なんて当たり前の時代でした。当然、国を操る政府や官僚達もまた男性ばかりです。そんな時代から、今や男女差別人種差別LGBTなどの問題が世界的注目され、ネットによる急激な広がりを見せているのが現実です。なので、感謝する日というより、これが普通であることの認識と今後もこの状況を維持するための日として意識していきたいと思います。

清明

4月4日は清明です

清明

「清明」は、「二十四節気」の1つでその5番目になります。現在使用されている定気法では太陽黄経が15度になり、それが4月4日頃ということです。この「清明」の日は、ここ数年では4月4日か4月5日になり、実際のところその年によって変わってきます。そして今年2021年の「清明」は、4月4日の日曜日ということなりました。

清明

清明の花

清明は、二十四節気の第5節目で、清浄明潔という略語です。この言葉は、「空気は澄んで、陽の光は明るく万物を照らして、全てがはっきりと鮮やかに見える」頃という意味合いです。また芽吹いた植物の葉が開き、なんの植物かがわかるようになる季節ともいわれているそうです。

二十四節気

タケノコ

二十四節気は、現在でも「立春」「春分」「夏至」など、季節を表現するための言葉として使用されています。まず、1年を春夏秋冬の4つの季節に分けて、それをさらに6つに分けたものを「節気」、そして「中気」が交互にあります。元々は、旧暦の太陰太陽暦の閏月を設ける基準となっていて、中気のない月を閏月としていたそうです。現在の二十四節気は、その年によっては、1日程度ずれています。

清明なのに空気が霞んでる!?

黄砂

暦の上では「清明」ですが、現在の日本の空は、霞んでいます。その原因が、中国大陸内陸部「タクラマカン砂漠」や「ゴビ砂漠」などから、風による影響で数千メートルの高度にまで巻き上げられた土壌や鉱物粒子が偏西風に乗って飛来している黄砂が影響だといわれています。

黄砂を無毒化して欲しい

黄砂は本来無毒

またその事は、テレビやネットで話題となっていて、誰もが知っています。だからといって、この現象は自然が起こすことなのでどうすることもできません。しかし、せめてこの黄砂を大気汚染などの有害な汚染物質を失くし、無毒化することに力を注いで欲しいと思います。