アイスクリームは体に良い!?

体に良いアイスと、悪いアイスがある!?

6月に入って、蒸し暑い日が続きますね!こんな時は、アイスクリームが最高の涼を与えてくれます。しかし、今までこのアイスクリームの成分については考えたことがなかったのですが、今回は熱中症などコロナ感染防止も兼ねて、アイスクリームの栄養価と身体に与える影響を調べてみたいと思います。

アイスクリームは4種類!

アイスクリームは、大きく分けて4種類に分類されるそうです。「アイスクリーム」、「ラクトアイス」、「アイスミルク」、「氷菓子」の4種類です。どうやら、これ等に含まれる、乳成分と植物油脂の量がポイントのようです。

アイスクリーム

アイスクリームの乳固形分15%以上で、そのうち乳脂肪が8%以上です。ミルクの味が濃く、栄養価が高い。(ジャンボ バニラ モナカ、ピノ バニラ等)

アイスミルク

乳固形分10%以上で、そのうち乳脂肪が3%以上です。栄養価は、アイスクリーム程ではなく牛乳程度の量で、植物油脂が含まれる。(パナップ、ミルキーアイスバー等)

ラクトアイス

乳固形成分は3%以上で、植物油脂を使用により、濃厚さを出しているようです。(バニラ 爽、スーパーカップ等)

氷菓子

乳固形は、ほとんど使用されていません。

乳固形分と乳脂肪分!?

乳固形分」とは、牛乳の水分を除いた部分ことです。「乳脂肪分」とは、乳固形分から無乳脂肪分を引いた部分のことを表します。

アイスミルク、ラクトアイス植物油脂

アイスクリームでの植物油脂は、「ヤシ油」、「パーム油」、「ナタネ油」のことです。これらは飽和脂肪酸が多く、トランス脂肪酸が多く含まれています。これを過剰摂取すると、血栓・心疾患を招くといわれています。また、なめらかな触感を維持するために乳化剤や安定剤も多量に含まれています。

ラクトアイスはカロリーが高く、脂肪が多い

ラクトアイスはカロリーが高く脂肪が多く、乳化剤や安定剤のような添加物も多く含まれています。普段、アイスクリームの裏面表示を意識せず食べていますが、種類により栄養成分が異なります。

もちろん、植物油脂の割合が増えると、カルシウムなど栄養分の含有量も減少して添加物が増えるということになります。ラクトアイスは安くてボリュームがあるものが多いですが、最初に少し表示を確認して購入することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です